fbpx

トランプ支持メディアに起きた不可解な弾圧。誰がフェイクニュースとみなすのか?=高島康司

最近、アメリカの代表的なネットメディアであるアレックス・ジョーンズのサイトが徹底した弾圧にあっている。その裏にある状況を解説したい。いま起こっているさまざまな出来事がつながっているのが見えてくる。(『未来を見る!ヤスの備忘録連動メルマガ』高島康司)

※本記事は、未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ 2018年8月17日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

本当にただの陰謀論? 以前は主流メディアが言説を独占したが…

トランプ支持のネットメディアの排除と弾圧

8月7日、トランプ支持の中心的なネットメディアであるアレックス・ジョーンズの「インフォウォアズ・ドットコム」のYouTubeのチャンネルが突如削除された。

それのみならず、Facebookのアカウントのほか、AppleのiTunes、Googleのサービス、そして、Spotify、Pinterest、LinkedIn、Podcast add、MailChimp、YouPornなどアメリカの主要なSNSやビデオサイトが一斉にアカウントを削除した。

YouTubeやAppleは、「アレックス・ジョーンズのサイトはフェイクニュースを流して容認できないヘイトスピーチを煽っている。これを止めさせるためにアカウントの削除に踏み切った」といっている。

しかし、これだけ異なるメディアが、アレックス・ジョーンズ関連のサイトを同時に閉鎖することは通常では考えられない。やはりこれは、上からの指令によるコーディネートされた動きであったことは間違いない。

このようなメディア排除の動きはアレックス・ジョーンズにはとどまらない。「アンチウォー・ドットコム」を主催するスコット・ホートン、国務省の元職員で内部告発者のピーター・バン・ビューレン、一時は独立系の大統領候補であったロン・ポールの主催する「平和と反映のためのロン・ポール協会」のディレクター、ダン・マックアダムスなど、保守系の論客のツイッターのアカウントが一斉に削除された

アレックス・ジョーンズと同様に、これらの人々はトランプ支持の強力な論客としてよく知られている人物だ。

YouTubeやFacebookにまだアカウントを確保できている「SGTレポート」のような保守系メディアでも、視聴はPCに限定されてモバイルではアクセスできないという制限を課せられているメディアも多い。

さらに、トランプ支持を表明した多くのジャーナリストが、放送局や新聞などのメディアから一斉に解雇されている。

反トランプメディアには被害なし

他方、反トランプのリベラルから左派では、このようなアカウントの削除やサイトの閉鎖はまったく起こっていない

これは明らかにトランプ支持のメディアを標的にした弾圧である可能性は高い。

まだ誰がこのような指令を発したのかは明らかになっていないが、いまトランプ政権と激しく対立している民主党を中心とした主流派や、それにつらなるCIAではないかと予想されている。YouTube、Apple、Googleの背後にはこうした勢力がいるからだ。

要するに、「ディープステイツ」による弾圧である。今年の11月に行われる中間選挙で、トランプ陣営が勝利するのを阻止することが目的だと見られている。

アレックス・ジョーンズとは何者なのか?

このメルマガに読者であれば周知だろうが、アレックス・ジョーンズと彼が代表するメディアについて簡単に解説しておきたい。

ジョーンズはテキサス州、オースティン市のリスナー参加型ラジオ番組の司会者だった人物である。1990年代の終わりころ、地上波からネットメディアに移り、ネット放送局である「インフォウァズ・ドットコム」を立ち上げた。2001年911同時多発テロの2カ月ほど前、軍産複合体がオサマ・ビン・ラディンを利用して米国内でテロを画策していると予想して的中させたことで視聴者の信頼を確実なものにした。

現在アレックス・ジョーンズ・ショーは、全米で100を越えるFMとAMのラジオ局で放送され、またYouTubeのアレックス・ジョーンズチャンネルは優に5億アクセスを越えている。

アレックス・ジョーンズという個人からスタートしながらも、主流メディアに対抗できるほどの影響力を持つまでになった巨大なネットメディアだ。

Next: 誰がフェイクニュースとみなす? アレックス・ジョーンズの主張とは

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい