fbpx

値ガサ株に生まれ変わる新日鐵住金。10/1株式併合で値動きに変化が?

新日鐵住金<5401> 値ガサ株へ一大変身の日!

10月1日付けで株式併合、その狙いとは

新日鐵住金<5401>は、今年10月1日付けで10株を1株にする株式併合を行い、同時に株式売買単位も1000株から100株とする。

何が一番大きく変わるか。現在約950億株の発行済株式数が10分の1の約9億5000万株へと、ものすごくスリムになることだ。

株主にとっては所有株数が10分の1に減ることになり、表面上は大変のように思われるが、発行株数が少なくなる分、1株利益は10倍、配当も10倍になり株価も今の値段より10倍となるから、財産価値としては現在と変わらない。

新日鐵住金は戦後の「鉄は国家なり」で資本金をどんどん増やし、発行株数も950億株という超肥満体のメタボ状態といえるまでになっている。

高度成長経済から成熟経済に移行、また「セルロースナノファイバー」のような鉄より軽く鉄の5倍強度という新素材が実用化接近を迎えるなど、鉄の需要はこれまでのような期待はもてなくなっている。

会社の印象を肥満からスリムに変えるためにも、発行株式数を減らすことには大きい意味があると言える。

値動きにも大きな変化が?市場関係者の見方

これからの株価はどう動くか。「これまでの新日鐵住金は相撲取りが重い体を揺さぶって走っていたようなもの。これからはスリムとなるので今までより走る足取りは軽くなることは間違いない(市場関係者)」

新日鐵住金の株価はバブル経済当時の1989年に最高値984円、その後、中国ブームの2007年に964円の高値がある。しかし、過去一度も4ケタ相場の実績はなく、これまでの株価はおおむね平均250円程度であった。

新日鐵住金<5401>月足(SBI証券提供)

新日鐵住金<5401>月足(SBI証券提供)

今後、直近の平均株価250円は10月1日には2500円となる計算だ。しかも、これまでは全体相場が大きく動いても、せいぜい同社株は1~2円動くのが精一杯だったが、これからは株数が少なくなり株価が2000円以上であることから1日当りの動きが500円前後ということも起きるようになる。

これまでの「1カイ・2ヤリ」の存在から、「値幅狙いのできる銘柄」に一大変身が予想される。1950年の上場から65年、新日鐵住金の歴史的変身の日がまもなくやってくる。

日刊株式投資情報新聞』(2015年9月15日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

日刊株式投資情報新聞

[無料 ほぼ平日刊]
「日刊株式投資情報新聞」は投資家と企業を結ぶ報道型IR支援会社の日本インタビュ新聞社が提供するインターネットの株式専門メールマガジン。当社の提供する媒体は、「日本インタビュ新聞 株式投資情報」をコアとして、「経営者紀行」、「個人投資家向け企業情報 Media-IRソリューション」と幅広い情報網を有する。こうした立体的な情報が、個人投資家に生き生きとした感動のあるニュースソースを実現している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー