fbpx

米株高を支えたGAFAが天井を迎え、ついにNY市場は終焉するのか=山崎和邦

NY株の終焉はいつ来るか

陶酔が覚めれば現実に戻る。10月の下げは米国の利上げが続いて世界のマネーの量が減り始めるという現象が背景にある。「利上げ=株下落」ということは、半年も前から本稿では言い続けていたことであった。

しかし、その底流には世界景気・米景気の寿命は如何に、という疑問が伏在する。

日経新聞17日版の記事によれば、「スマートフォン専用証券のワンタップパイ(東京)は1万人強がアップル株を保有しており、投資家は含み損を抱えたという。アップルを代表とするハイテク株の急落で世界の投資家が同時に打撃を受けたという10月以降の波乱相場によって、短期投資家の退場を余儀なくされたであろう。こういうところからも09年の大底から見ると4倍になったNY株、トランプラリーで25%上がったNY株、これらの終焉が近いということが見えてくる」。

続きはご購読ください。初月無料です<残約15,000文字>

当面の市況

世界の主要企業の4割の株価が弱気相場入りだが、日本の「官製相場」は底入れしにくい

NY市場の成長株

中国景気後退は世界の金融市場に激震を与える恐れがある

米中問題は貿易戦争に限らず軍事衝突の可能性さえ含みつつある

青春期相場・壮年期相場・老年期相場の大天井と、その終焉時のPERによる底入りの計測

「金融正常化へのジレンマ」

日銀の出口戦略-黒田緩和の幕の引き方

来年1月から本格化する日米貿易交渉で円高不安はあるか、あまりないと思う
円安傾向は伏在している

先回のG7に続いてまたもや失敗に終わったAPEC首脳会議

「外交の安倍」が存在感を示す好機が来た

原油価格

10年前からの読者Iさんからの「6740JDIについて」の質問

DJ-【オピニオン】第3段階へ移行するトランプ外交(出所:ダウ・ジョーンズ、2018年11月20日)

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

image by:Drop of Light / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」*相場を読み解く』2018年11月25日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】日本の教育に勝ち目なし。なぜアメリカは天才を量産して世界覇権を握り続けるのか?=午堂登紀雄

【関連】日本円での貯金はもはや自殺行為。必ず来るインフレが「老人の国」日本を殺す=鈴木傾城

【関連】日本の地価崩壊はもう始まっている。東京五輪が「経済災害」になる日

1 2 3 4

山崎和邦 週報「投機の流儀(罫線・資料付)」』(2018年11月25日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」

[月額3,000円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版をお届けします。テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。より読みやすく、理解しやすく進化しました。投資歴55年を超える現役投資家だからこそ言える経験に裏打ちされた言葉は投資のヒントが盛りだくさん。ぜひご購読ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい