fbpx

訪日自粛で韓国の2大航空会社が倒産危機、セルフ経済制裁で国ごと沈んでいく

4-6月期はそれぞれ80億円超えの大赤字

このような愚行を見ている日本人が韓国製品の不買運動をしないのは、最初から韓国製品が日本にはほとんどないからである。

部品とか細かいものまで見れば少しはあるのだが、身の回りに韓国製品が溢れているわけでもない。

しかし、確実に日本人の韓国旅行も減少しており、別に不買キャンペーンなどしなくても、互いに疎遠になっていく環境である。

日本人は黙って去って行くことが多い。そもそも、単に優遇措置を外しただけで、韓国がここまでおかしな行動に出るとは、日本人のほとんどは思ってなかっただろう。

それで、大韓航空の4-6月期の営業利益はマイナス1,015億ウォン(約89億円)となり、アシアナ航空はマイナス1,241億ウォン(約108億円)となった。

しかも、今後とも、日本路線は赤字にしかならないので、そのうちどちらかが破綻する。もっとも、破綻しても韓国人は止まらないだろうが。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】韓国が突然の勝利宣言、たった1件の輸出許可で「日本が不買運動に屈した」と喧伝

【関連】四面楚歌の韓国が持ち出す必殺技「福島第一原発の汚染水情報公開要請」で日本は窮地に=今市太郎

【関連】韓国経済は崖っぷち。始まった世界同時不況で日本に頼れず「ウォン孤児」に落ちる=勝又壽良

【関連】韓国のGSOMIA破棄、実はまったく影響なし。日米朝から完全に無視される文在寅=江守哲

<初月無料購読ですぐ読める! 9月配信済みバックナンバー>

※2019年9月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・日本旅行自粛などのセルフ経済制裁で韓国の航空会社が倒産の危機に!(9/1)
→いますぐ初月無料購読!

image by:NYC Russ / Shutterstock.com

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2019年9月1日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】日本で急増する「住所を喪失」した人たち~車上生活、漂流女子、8050問題が行き着く地獄=鈴木傾城

【関連】ほっともっと、190店閉店で経営危機。からあげを増やして直営店を減らす大悪手=栫井駿介

【関連】リンガーハット、20億円赤字・大量閉店から完全復活。わずか数年で改革できた3つの要因=栫井駿介

1 2 3

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』(2019年9月1日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

[月額319円(税込) 毎月第1~4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
数年ごとに起きるデフォルト危機。世界経済が後退すれば、投資家が真っ先に資金を引き揚げていく新興国市場。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。中国の属国化へと突き進む2014年。並行してスタグフに悩まされる現実。そして、1100兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。経済の問題点とは何なのか?なぜ、また、第四次経済危機が迫っているといえるのか。それは読めばわかる!投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー