fbpx

揺れる東芝の原子力事業を“Five Forces”で分析する(5F分析)=栫井駿介

5F分析の結論!

東芝の原子力事業では5Fのうち3つに×が付きました。もちろん、全て◯が付くような事業はほとんどありません。また、5つの力がそれぞれ同じというわけではなく、他が◯でもひとつ×が付けばそれだけで厳しい競争となることもあります。

160322_toshiba-5-forces-analysis

私は東芝の原子力発電事業は厳しい競争環境に置かれ、必ずしも魅力的な業界ではないと考えます。特に大きいのが買い手の力です。入札で競う業界では、最終的にコストギリギリまで下げた価格を出すことが多く、それは利益を出しにくい構造であることを意味します。

5F分析は絶対ということはありませんが、業界に対する理解を深めるのに力を発揮するでしょう。

東芝の2016年度事業計画説明会に関する所感

3月18日に行われた、東芝の2016年度事業計画説明会に関するコメントを掲載しました。
栫井駿介(つばめ投資顧問代表)@tsubame104 – Twitter

【関連】東芝の白物家電事業を買収する「美的集団」とは何者か?=栫井駿介

1 2

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2016年3月19,20日号)より

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい