fbpx

迫る韓国総選挙。文政権の「人気取り政策」空回りで与党劣勢、外交危機で国家滅亡か=勝又壽良

韓国の総選挙が今春に近づいている。文在寅氏は今後20年間は進歩派政権を続けるという青写真を描いてきた。しかし、その「悪だくみ」は早くも破綻しかねない情勢だ。(『勝又壽良の経済時評』勝又壽良)

【関連】税務署員は皆やっている!「扶養控除」で税金を裏技的に安くする方法=大村大次郎

※本記事は有料メルマガ『勝又壽良の経済時評』2019年1月20日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:勝又壽良(かつまた ひさよし)
元『週刊東洋経済』編集長。静岡県出身。横浜市立大学商学部卒。経済学博士。1961年4月、東洋経済新報社編集局入社。週刊東洋経済編集長、取締役編集局長、主幹を経て退社。東海大学教養学部教授、教養学部長を歴任して独立。

総選挙も大統領選も3つの武器で連戦連勝? 文政権の醒めない夢

4月15日に迫る韓国総選挙

韓国の総選挙は、4月15日である。あと、85日を残すのみとなった。

与党「共に民主党」は、第1党の座を確保しなければ、文政権の後半はレームダック化を余儀なくされる。さらに、次期大統領選挙の戦いで劣勢を強いられる。間違えば、保守党に政権が渡るのだ。

文在寅政権は、朴槿惠政権が不名誉な弾劾によって退陣した経緯もあり、当分は保守派が力を盛り返すことがないと高を括ってきた。「積弊一掃」を合い言葉に、前政権関係者を徹底的に痛めつけ、検察へ告発して獄窓につないできた。これにより、今後20年間は進歩派政権を続ける。そういう青写真を描いてきたほどだ。

この「悪だくみ」が、次回総選挙で早くも破綻するかも知れない情勢となっている。「奢れるもの久しからず」を地で行くような話だ。

それは、最新の世論調査に表れている。与党「共に民主党」支持率が落ちて、第1野党「自由韓国党」の支持率が伸びているのだ。

最新の世論調査で与党が劣勢

世論調査会社リアルメーターが、1月16日に発表した世論調査は、政党支持率で次のような結果が出ている。

(1)与党「共に民主党」が37.0%で、前週から4.1ポイント下落
(2)最大野党「自由韓国党」は32.4%で同1.1ポイント上昇
(3)今回から調査対象に含まれた新党「新しい保守党」は5.3%で3位に登場
(4)統合をにらんだ協議に入った「自由韓国党」と「新しい保守党」の支持率合計は37.7%になり、「共に民主党」の37.0%を上回った

この世論調査結果が出ると、大統領府と与党は浮き足立つのはいたしかたない。厚かましくも今後20年間、政権を担う予定でいただけに、その衝撃は決して小さいものではあるまい。

Next: 文政権が悪あがき?「南北融和で支持率上昇」という妄想

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー