fbpx

東京為替:ドル・円は切り返し、ドル売り後は107円を目指す展開

マネーボイス 必読の記事




13日の東京市場でドル・円は切り返し。前週末の米株高を背景に日経平均株価が強含み、リスク選好的な円売りが先行。同時にドル売りも進み106円79銭まで下げる場面もあった。ただ、その後は円売り再開で夕方にかけてドルは朝方の高値を上抜け、106円97銭まで値を切り上げた。

・ユーロ・円は120円82銭から121円20銭まで値を上げた。
・ユーロ・ドルは1.1304ドルから1.1336ドルまで強含んだ。

・17時時点:ドル・円106円90-00銭、ユーロ・円121円00-10銭
・日経平均株価:始値22,591.81円、高値22,784.74円、安値22,561.47円、終値22,784.74円(前日比493.93円高)

【経済指標】
・日・5月第3次産業活動指数:前月比-2.1%(予想:-4.0%、4月:-7.7%←-6.0%)

【要人発言】
・ルメール仏経済・財務相
「消費動向はつうじょうよりも5%程度低下している」


記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー