fbpx

宮城人は「笹かまぼこ」で儲けるぞ。コロナ禍の自販機ビジネス新様式

「新しい生活様式」に対応、○○専用自販機が続々登場

“笹かま自販機”以外にも、最近は様々な商品の販売において自動販売機が活用される流れにある。

最近では今年7月に、自販機シェアNo.1を誇る大手電気機器メーカーの富士電機が、マスクなどの衛生用品を取り扱える専用の自動販売機「マスク自販機」を発売。これは同社の既存機種である物品・食品自動販売機を改良したもので、独自の仕様としてボタンや返却レバー、商品の取り出し口に抗菌処理が施されている。

また8月1日には、ダイドードリンコ・セコム医療システム・大王製紙の3社が共同で「ベビー用紙おむつ自動販売機」を、福島県内にある2か所の道の駅に設置。子育て世代の支援を目的に設置されたという、これらの自販機では、ドリンク類とともに紙おむつ2枚入りの小パックやおしりふきが購入できるという。

そのいっぽうで、渋谷駅のほど近くにドールが設置し、話題となっていた「バナナ自動販売機」は、現在商品の販売を休止中。同社の説明によると、新型コロナウイルスの感染拡大によって、自動販売機への商品搬入・商品品質管理ができなくなった際の衛生面を考慮しての措置とのことだ。

このように商品によっては運営・維持が難しいものもありそうだが、コロナとの共生が当分の間は避けられそうにないなかで、自動販売機が今まで以上に活躍する場面は増えていきそうな流れだ。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

【関連】日本のコロナ感染者数、年内に53万人超えの衝撃予測。全米疾病対策センター採用AIの警告=高島康司

【関連】レジ袋有料化、経済危機に追い打ち。客にコストを押し付け、店の効率を阻害=斎藤満

【関連】副業しないと収入激減へ。サラリーマンが選ぶべき副業は○○一択=俣野成敏

Source:武田の笹かまぼこ, NHK, KHB東日本放送
image by:Maridav / Shutterstock.com” target=”_blank”>Maridav / Shutterstock.com

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー