fbpx

宮城人は「笹かまぼこ」で儲けるぞ。コロナ禍の自販機ビジネス新様式

宮城県塩釜市にある、かまぼこなどの製造・販売会社「武田の笹かまぼこ」が、名物の笹かまぼこを専用の自動販売機で試験的に販売する取り組みを始めた。NHKKHB東日本放送などが伝えている。

【関連】飲食店は耐えるより閉店すべき。決断が遅れると完膚なきまでに叩き潰される=鈴木傾城

【関連】東京五輪「中止」で確定していた? 安倍首相「完全な形で開催」発言が持つ裏の意味

武田の笹かまぼこのFacebookによると、同社の塩釜本店は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月中旬からの休業を余儀なくされ、6月より土日のみの営業を再開したとのこと。このように、対面での販売機会が減ったことが、自販機での販売を始めたきっかけとなったという。

【関連】夏休み需要“消滅”で企業倒産ラッシュへ。安倍政権が今すぐ取り入れるべき2つの政策=斎藤満

「家の前に欲しい」ネット歓喜

武田の笹かまぼこは、創業80余年を誇る老舗。自販機は日本三景の1つ・松島がある松島町の観光船乗り場の待合室に設置され、牛タン入りやミニサイズなど自動販売機でしか買えない商品も並ぶとのことだ。ツイッター上では「家の目の前に欲しい」「缶ビールの自販機を隣り合わせで置いてくれ」など自販機販売を歓迎する投稿が多く見られた。

なお、今回の試験販売は今年度いっぱい行う予定で、結果を踏まえて本格的な展開を検討するという。

Next: 「新しい生活様式」に対応、○○専用自販機が続々登場

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー