fbpx

前澤友作は打倒ユニクロを実現するか?この天才はバフェットすら超えてくる=栫井駿介

ZOZO<3092>創業者の前澤友作氏が、アパレル会社のアダストリア<2685>やユナイテッドアローズ<7606>の株を購入したことで話題になっています。いったい彼にはどんな野望があるのでしょうか。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

【関連】人材不足の自民党に「安倍のほうがマシだった」リスク。後釜は菅か小池百合子か=江守哲

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

「お金配りおじさん」の優雅な遊び?

株式の購入が判明したのは、「大量保有報告書」という金融庁に提出する書類からです。上場企業の株式を5%以上保有した場合に、提出することが義務付けられています。

この書類によると、前澤氏は市場で少しずつ買い足していったことがわかります。誰かから譲り受けたわけではないということです。

投資目的は「純投資」としながらも、「必要に応じて企業価値向上のための助言または提案を経営陣に対して行う可能性もある」と書かれています。

まず、これが敵対的なものか友好的なものなのか考えなければなりませんが、ユナイテッドアローズの重松名誉会長と前澤氏はZOZOTOWN黎明期から懇意にしてきたということであり、敵対的ということは考えにくいでしょう。

現時点においても、アダストリアとユナイテッドアローズはいずれもZOZOTOWNに出店しています。

一方の前澤氏といえば、ZOZOの社長を退いてからも話題に事欠きません。最近は億万長者らしく自らを「お金配りおじさん」と称してSNSでお金をばらまいていますが、これが詐欺を誘発することでも問題となっています。

今回の投資も、お金が余って仕方がない前澤氏の遊びのようにも見えますが、果たして真の目的はどこにあるのでしょうか。

コロナ直撃のアパレル業界

その前に、前澤氏が投資したアダストリアとユナイテッドアローズについて改めて分析してみたいと思います。

アダストリアというとあまり馴染みがないかもしれませんが、GLOBAL WORK(グローバルワーク)やniko and…(ニコアンド)、LOWRYS FARM(ローリーズファーム)など、ショッピングセンターやアウトレットモールでよく目にするブランドを保有しています。

どちらかと言うと若者向けのブランドで、比較的安価ながら小洒落た印象があります。

業績は安定していて、実質無借金であることから財務的にもかなり余裕があることが分かります。オンライン販売も2割近くにのぼり、近年の変化にも対応できている印象です。

ユナイテッドアローズは耳にしたことのある人も多いと思います。同名のブランドを軸に展開しています。

こちらも業績・財務ともに良好で、不安な所は特に見当たりません。ベーシックな衣料を展開していますから、アパレルで問題となりがちな在庫も増えにくいようです。

しかし、両社の株価は今、大きく下落しています。その要因は、ご多分に漏れず新型コロナウイルスです。

アダストリア<2685> 週足(SBI証券提供)

アダストリア<2685> 週足(SBI証券提供)

ユナイテッドアローズ<7606> 週足(SBI証券提供)

ユナイテッドアローズ<7606> 週足(SBI証券提供)

人々が外出する機会が減っておしゃれをしなくなっただけでなく、ショッピングモールを訪れて買い物をすることすらままならなくなってしまいました。

両社とも直近の四半期業績は赤字です。目先の業績が苦しいことが明らかですから投資家は我先にと株を売っているのです。

Next: お金を配りたくなるのは当然?前澤氏の資産は800億円も増加

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー