fbpx

個別銘柄戦略:良品計画やオリンパスに注目

マネーボイス 必読の記事



 24日の米国市場では、NYダウが52.31ドル高の26815.44、ナスダック総合指数が39.2
8pt高の10672.27、シカゴ日経225先物が大阪日中比105円高の23025といずれも上昇し
た。25日早朝の為替は1ドル=105円40-50銭(昨日大引け時は105.31円付近)。本日の
東京市場では、米国株高を追い風に、三菱UFJ<8306>、みずほFG<8411>、野村<8604>、
東京海上<8766>など大手金融株の値上がりが予想される。グループの三菱UFJリース<8
593>が日立キャピタル<8586>と経営統合する三菱商事<8058>にも買いが期待できよ
う。反面、KDDI<9433>、NTTドコモ<9437>など通信大手は料金引き下げ圧力を嫌気した
売りが継続し、日産自<7201>、ホンダ<7267>や自動車株の影響が大きいファナック<69
54>などはさえない動きとなろう。一方、強気の投資判断継続や目標株価の引き上げが
観測された協和キリン<4151>、サンバイオ<4592>、CKD<6407>、良品計画<7453>、オリ
ンパス<7733>、朝日インテック<7747>などに注目。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー