fbpx

東京為替:ドル・円は伸び悩み、ドル買いは後退

マネーボイス 必読の記事




10月1日午前の東京市場でドル・円は伸び悩み。仲値にかけてドル買いが強まり105円50銭台に浮上したものの、買い一巡後は失速。全般的に朝方のドル買いは後退し、主要通貨は対ドルで底堅い値動きとなった。なお、東京証券取引所のシステム障害で全銘柄の売買が停止されたが、為替への影響は限定的。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は105円41銭から105円55銭、ユーロ・円は123円58銭から123円75銭、ユーロ・ドルは1.1717ドルから1.1732ドル。

【要人発言】
・ムニューシン米財務長官
「民主党提案の2.2兆ドルの経済対策案を受け入れない」
「公平な歩み寄りを受け入れる準備」
・NZ準備銀行
「想定外、未曾有の困難を乗り越え、景気回復を支援する」

【経済指標】
・日・9月調査日銀短観・大企業製造業DI:-27(予想:-24、6月:-34)
・日・9月調査日銀短観・大企業非製造業DI:-12(予想:-9、6月:-17)
・日・9月調査日銀短観・大企業全産業設備投資:前年度比+1.4%(予想:+0.5%、6月:+3.2%)



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー