fbpx

「夢は叶う」が人生を壊す。天職は“あきらめ”の向こう側にある=午堂登紀雄

あきらめの次は「未来につながる仕事」を選ぶ

そこで「徹底的に自分を鍛えられる環境」を求め、次に転職したのは外資戦略系コンサルティングファームでした。

自分を鍛えるためなので、年収などの待遇はどうでもいい。教育制度や福利厚生がどうなっているとか、まったく関心がありません。だから提示された条件も、年収ダウンで新卒と同じ階級でしたが、一切気にせず入社を決めました。

でもそのおかげで仕事の地力がつき、独立起業するまでの4年間で年収は2倍になりました。ここで鍛えられたからこそ今があると思っています。

という私の経験はもはや過去のものであり、現代の価値観にはそぐわないかもしれません。いずれにせよ重要なのは、やはり前述の「自分の職業人生をどのように展開し、何を成し遂げたいか」という目的を持ち、「そのためにはどういう仕事を選ぶべきか」と、あくまで仕事は手段であるという冷静さを持つことだと思います。

もし道に迷ったら、「自分の子どもに語りたい方を選べ」

というのも、たとえばイメージで選んだとしても、そこで働いたことのない自分の勝手なイメージですから、そのイメージ通りであるはずもありません。「こんなはずでは」と後悔するとしたら悲劇でしょう。

「給料が高いから」という理由で選んだとしても、残業代や福利厚生諸々を含めると、実は前職の方が恵まれていたということもありますし、仕事の成果が給料ですから、上がるかどうかは未知数です。それでもし年収ダウンだったら悲劇でしょう。

人間関係がイヤだからと転職しても、元の職場で良い人間関係を構築できなかった自分にも何らかの問題があったとしたら、どこへ行っても同じことの繰り返し。それも悲劇でしょう。

生活のためにやりがいを感じられない仕事をして、1日の大半を過ごして40年などというのは、自分の人生を棒に振ったに等しい悲劇です。

転職をすれば今の会社での地位も立場も人間関係も安心感もすべて失い、またゼロから仕事のやり方を覚え、社内事情を理解し、人間関係を構築していくという面倒くささがあります。

また、周囲も「お手並み拝見」という感じでしょうから、とにかく成果を出さねばらならないという焦りも感じるかもしれない。

しかし、それぐらいのリスクを冒してでも転職したいと思えるには、転職して「得られることの方が大きい」という動機の方が望ましい(むろん、超絶ブラックで「逃げることの方が重要」という場面もあるとは思いますが)。

転職はゴールではなく、あくまで新しいスタートに過ぎません。そして、さらにその先の未来につながるかどうか。それにはやはり「自分の理想の人生とはかくあるべし」という目的が必要ではないでしょうか。

それでも迷ったら、私の場合は「自分の子に語り継ぎたい方を選ぶ」ようにしています。目先は、「ネタになる方を選ぶ」という感じですね(笑)。

有料メルマガ好評配信中!初月無料です

【関連】貧乏な家の子どもがお金持ちになれない本当の理由と「思考格差」の正体=午堂登紀雄

【関連】世の女性たちが知らない、男から見た「将来億を稼ぐ男性」の条件=午堂登紀雄

<初月無料購読ですぐ読める! 11月配信済みバックナンバー>

※2020年11月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年11月配信分
  • 夢をあきらめるということ(11/16)
  • あきらめ上手は生き方上手?(11/9)
  • 2020年の計画を振り返る(11/2)

いますぐ初月無料購読!


※有料メルマガ『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』好評配信中!興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込1,012円)。

2020年10月配信分
  • 新刊プレゼントキャンペーン(10月28日まで)のお知らせ(10/26)
  • 持ち家にはメリットがたくさん(10/19)
  • 「言葉にできる」はお金になる(10/12)
  • 古民家再生ビジネスは不動産投資ではない(10/5)

2020年10月のバックナンバーを購入する

2020年9月配信分
  • 思考停止していく世界に備える(9/28)
  • 健康は財産である!(9/21)
  • 貧困のバーゲンセールが始まる?(9/7)

2020年9月のバックナンバーを購入する

2020年8月配信分
  • ツイッターには稼ぐヒントがある?(8/24)
  • 最初の1歩は情報発信から(8/17)
  • コロナ時代のビジネスモデル(8/10)
  • 富裕層とは何か?(8/3)

2020年7月のバックナンバーを購入する

2020年7月配信分
  • 抽象化思考の重要性(7/27)
  • 宗教法人の買収を考えてみる(7/20)
  • あきらめることは意味がある(7/13)
  • 資本金は1円でいい理由(7/6)

2020年7月のバックナンバーを購入する

2020年6月配信分
  • 草刈りはやはりやっかいでした(6/22)
  • 香港動乱で考える(6/15)
  • コロナで変わるキャリア戦略(6/8)
  • 自分の仕事を仮想空間に持ち込めるか?(6/1)

2020年6月のバックナンバーを購入する

2020年5月配信分
  • コロナでもほったらかしで稼ぐ方法とは?(5/25)
  • 教育格差を乗り切るために(5/18)
  • 起業塾なんて不要?(5/11)
  • ピークエンドの法則で今を焦らない(5/4)

2020年5月のバックナンバーを購入する

2020年4月配信分
  • アフターコロナ時代を見据えて人生戦略を見直す(4/27)
  • マンガ始めました(4/20)
  • 個人はコンテンツで勝負する(4/13)
  • コロナで売上半減です(4/6)

2020年4月のバックナンバーを購入する

2020年3月配信分
  • やはり投信積立は信頼できないが、今なら?(3/23)
  • ついに強制ロスカットに遭いました!(3/16)
  • 暴落相場は今か?待つべきか?(3/9)
  • 意思を持てば世界の見え方は変わる(3/9)
  • コロナで大暴落相場にチャンス?(3/3)
  • イライラしない人になる!(3/2)

2020年3月のバックナンバーを購入する

2020年2月配信分
  • イライラは人生の無駄遣い!(2/24)
  • 家族や親戚に反対されたら・・・?(2/17)
  • あきらめてもいいんじゃないか?(2/10)
  • インフルエンザで倒れました。。(2/3)

2020年2月のバックナンバーを購入する

2020年1月配信分
  • 読者のみなさまへ、バックナンバーのご案内(1/28)
  • 「これだけは避けたい」という軸を持つ(1/27)
  • 「場」を作れば何かが起こる(1/20)
  • 誰でもお金になるネタを持っている(1/13)
  • 2020年の計画(1/6)
  • 【新年特別号】「汗水たらして働くほど貧乏になる」2020年代にお金を増やす5つの技術(1/1)

2020年1月のバックナンバーを購入する

【関連】100歳まで病気でも貧困でも「生かされる」地獄、生活保護の半数以上が高齢者=鈴木傾城

【関連】なぜ「格差婚」は幸せになれないのか? 夫婦の亀裂につながる4つの格差=午堂登紀雄

【関連】なぜ日本のシングルマザーは地獄なのか?約123万2,000世帯の半数が貧困=鈴木傾城

【関連】日本で急増する「住所を喪失」した人たち~車上生活、漂流女子、8050問題が行き着く地獄=鈴木傾城

image by:gpointstudio / Shutterstock.com
1 2 3 4 5 6
午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』(2020年11月16日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門

[月額1,012円(税込) 毎月第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日]
フリー・キャピタリストとは、時代を洞察し、自分の労働力や居住地に依存しないマルチな収入源を作り、国家や企業のリスクからフリーとなった人です。どんな状況でも自分と家族を守れる、頭の使い方・考え方・具体的方法論を紹介。金融・経済情勢の読み方、恐慌・財政破綻からの回避方法。マネタイズ手段としての資産運用、パソコン1台で稼げるネットビジネス、コンテンツを生み出し稼ぐ方法。将来需要が高まるビジネススキルとその高め方。思考回路を変えるのに役立つ書籍や海外情勢など、激動の時代に必要な情報をお届けします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー