fbpx

上昇相場はいつ終わる?金融緩和の転換点は「物価上昇率」で見極めろ=栫井駿介

「必要以上に割高でない優良株を持ち続ける」

そんな中で私たちができる対策としては、やはり「必要以上に割高でない優良株を持ち続ける」ということに尽きるのではないかと思います。これなら金融政策の転換によって受けるダメージも小さいですし、インフレの際は順当に上がることになるでしょう。

市場の先行きはいつも読めません。だからこそ、私たちが安心して生活するには、いつも変わらない原則を持ち続けることが必要です。

「時代遅れになるような原則は、そもそも原則ではない」
ウォーレン・バフェット

【関連】アップル株は理論上「無限」に上がる?それでも気になる急落リスク…買い時は=栫井駿介

【関連】なぜバフェットは日本の商社株を買った? 素人が真似ても儲からぬ理由=栫井駿介


つばめ投資顧問は、本格的に長期投資に取り組みたいあなたに役立つ情報を発信しています。まずは無料メールマガジンにご登録ください。またYouTubeでも企業分析ほか有益な情報を配信中です。ご興味をお持ちの方はぜひチャンネル登録して動画をご視聴ください。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】コロナ感染数「寒いと激増」GS調査で判明、数だけ見て再自粛なら経済崩壊

【関連】JR4社はいま買い時なのか? 年初来安値更新「割安」評価の裏に潜むリスク=栫井駿介

【関連】三井住友、純利益で三菱UFJを抜くも共倒れの危機?バフェットも見限る銀行業の暗い未来=栫井駿介

image by:Atiwat Witthayanurut / Shutterstock.com
1 2 3

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2020年11月25日号)より
※記事タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー