敵の敵は味方。プーチンはなぜ暗号通貨「イーサリアム」支援を表明したのか?

プーチンは、匿名性が担保されていないこと、エネルギーが遮断されてしまったとき最低限の食料さえ買うことができなくなってしまうことなどを理由に、暗号通貨の普及に反対してきました。その彼がイーサリアムの考案者と会談し、支援を表明した理由とは何でしょうか?(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2017年6月22日第211号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

敵はビットコインにあらず。この男は西側中央銀行に挑戦していた

プーチン大統領とイーサリアム考案者が“会談”

最近、仮想通貨(本稿では以下「暗号通貨」と表記)の世界で、俄然イーサリアム(Ethereum)が注目を集めています。

6月2日、クレムリンの公式サイトに、「サンクトペテルブルク国際経済フォーラムで、プーチン大統領が、世界最大のブロックチェーン・プラットフォーム、イーサリアムの考案者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)と“会談”した」というステートメントが掲載されたからです。

サンクトペテルブルク国際経済フォーラムは、ロシア政府の主催によって6月1日から開催され、60ヵ国以上の国々の参加をもって6月3日に閉会しました。

ロシア側にとって、このフォーラムの主な狙いは、西側諸国の対ロ経済制裁が、ほとんど効果をもたらしていないことを西側に周知させることによって、軍事的対立をクールダウンさせることにあります。

ドナルド・トランプの登場によって、西側の新世界秩序が屋台骨からぐらつき始めているタイミングを見計らってのこの声明には、西側が仕掛けようとしている第三次世界大戦勃発の脅威を、新通貨戦争にシフトさせることによって回避しようという深謀遠慮が見てとれます。

クレムリンの声明によれば、「プーチン大統領は、サンクトペテルブルク経済フォーラムの傍ら、イーサリアムの創業者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)と会い、ロシアでブロックチェーン技術を実装するための現地パートナーとの協働関係を構築する彼の計画を支持した」とのことです。

声明にある「ミート」のニュアンスは、「経済フォーラムで、たまたま会場に来ていたヴィタリック・ブテリンと世間話をした際、この若者の計画を、なんらかの形で支援する」といった、「立ち話での接触」という意味を含んでいます。

しかし、このフォーラムにヴィタリック・ブテリンを招待したのは、他でもない主催者のロシア政府ですから、あらかじめ仕込まれたプロパガンダであると見る必要があります。

単なる「世間話」ではない

このわずか数行の声明を敏感に捉えたブルームバーグ(6月6日付け)その他の西側主流メディアは、「プーチンはビットコイン最大のライバルに関心を示している」といった見出しを付けて報じており、ロシアが暗号通貨の開発と実装、その普及・拡大に向けての支援に乗り出すのではないかとの見方を示しています。

クレムリンは、プーチンとヴィタリック・ブテリンとの「ミート」の内容には言及していませんが、ブテリン側が配信している動画によって、それが単なる世間話ではないことが分かります。

また、彼はSNSで、米国、カナダ、イギリス、EU、スイス、ロシア、シンガポール、中国、台湾などの国々と話し合ったことを明かしており、「独裁的で強圧的な命令や抑圧、闘争による殺害を促すような勢力や考え方を完全に拒否する」と述べています。

クレムリンは、プーチンが非公式にブテリンと「ミート」を重ねていることを否定していないことから、ブルームバークは、「ビットコインの潜在的な最大のライバルとなっているイーサリアム(Ethereum)が、石油と天然ガスに完全に依存しているロシア経済を多角化する手助けになるとプーチンが関心を持っている」と見ています。

Next: プーチンは暗号通貨「イーサリアム」をどう利用するつもりなのか?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー