トランプ・リスクは遠のいたのか? 米大統領選のポイントと「円高の賞味期限」

第3回のテレビ討論会を終えて、市場は概ね「トランプ・リスクが遠のいた」と判断しだしたようです。ただ、まだトランプ大統領誕生の目がなくなったわけではありません。(『らぽーる・マガジン』)

※本記事は、『らぽーる・マガジン』 2016年10月24日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

株買い・ドル買いは「クリントン大統領」を織り込み始めた証し?

実際の情勢は予断を許さず

米大統領候補者による第3回のテレビ討論会が終わりました。3回の討論会を経て、すべてクリントン候補勝利という結果に終わりました。

おおむねマーケットは、トランプ・リスクが遠のいたと判断しだしたようです。それは、株買い債券売り(金利上昇)ドル買いを表します。

ただ完全にトランプ・リスクがなくなったというわけではなく、まだまだトランプ大統領誕生の目がなくなったわけではありません。

【関連】悲願の上場!JR九州の「東京・大阪殴り込み作戦」は成功するか?=栫井駿介

ボラティリティ(価格変動)を求める投資家たちの投票行動は、クリントン氏を支持していてもトランプ氏に投票すると言われていますし、また、コアな支持者にとっては、テレビ討論の結果などは関係ないという考え方もあるようです。

コアな支持者とは、最近存在が薄いネオコンと呼ばれる白人層などであり、反エスタブリッシュメント(支配階級)層で、彼らは、トランプ氏の過激な発言が自分たちの気持ちを代弁しているかのような共感を覚えているようです。

このコアなトランプ支持者の存在がどう影響するか、それがトランプ・リスクを完全に消し去れない理由でもあります。

なにより米大統領選直前の10月は、「オクトーバー・サプライズ」と呼ばれ、思ってもみないスキャンダルなどが明るみに出て、投票行動に決定的な影響を与えることが多い時期です。

史上最低の選挙戦と言われている中、まだどちらの候補者に投票しようか決めかねている層が数多くいます。

彼らを動かすのは、このあるかもしれない(ないかもしれない)オクトーバー・サプライズであり、大統領がクリントン氏になるのかトランプ氏になるのかは最後まで分からないと言われています。

Next: 信じられない裏取引も。「オクトーバー・サプライズ」過去の事例

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー