「おれが流した風説じゃない」聡明なワル投機家・Pさんが仕掛けたQ銘柄急騰事件

投資歴54年の山崎和邦氏が思い出の投機家を振り返る本連載、今回は「尊敬すべきワル投機家」Pさんです。30余年前、東証2部のQ銘柄急騰劇は、すべてがPさんの計算ずくでした。

「百万株買うから条件を飲め」聡明なワル投機家・Pさんの仕掛け

今回は、ご本人や周辺関係者の素性を決して明かすわけにはいかない、そんな投機家の話だ。そこで実際のイニシャルすらふせて、仮にPさんとお呼びする。

投機家Pさんは、私たち仲間内で「スマートガイ(聡明な奴)」「辻さん」「といっつあん」などの異名を取った人物である。

辻は「十(ジュウ)にシンニュウ」と書くから、伝統的に金融取引に秀でるユダヤ人(Jews / Jewish)の頭脳にも侵入してゆく凄い奴。といちは「十一」で、十(ジュウ)以上のキレ者、ほどの意味だ。

yamazaki_06_01

株式市場における彼の人物評は「性、狷介にして傲慢」になる。世間一般の人ならいざ知らず、鮮やかな実績を有するワルが受ける評としては決して悪くない。

そう、彼は日常の常識人ぶりからは想像できない、尊敬に値する「ワル」であった。

私が支店長を務めた60~70年代の野村証券には「この人にはかなわない」と思える、怪物めいた人物が何人もいた。その後常務を務めた三井の会社では、皆、秀才で仕事熱心な「ナイスガイ」ばかりで、御しがたい「スマートガイ」タイプはいなかった。Pさんは野村時代に出会った「怪物」の一人である。

Pさんは野村のヤリ手だったが、仕事だけでなく、万事に抜け目がなかった。野村を早々と辞して不動産業を始め、株式市場でもよく蓄財した。

その蓄財が工夫とアイデアに富んでいて、ちょっと普通の方法ではないのである。私も野村を辞めて自由の身だったから、Pさんのプロジェクトに一枚噛んだ。そのひとつを紹介しよう。

30数年前のことだ。野村証券のあるイケイケ課長が、発行株数が少ない東証2部の某小型株の買いを提案してきた。聞けば、単一価格で百万株の売り物があるという。

この「事件」はつとに時効が成立しているが、関係者に差し障りがあると迷惑をかけるから、念のため銘柄名をQ社とする。

Pさんは、そのQ社のチャートや出来高を吟味すると、話を持ちかけてきた証券マンに「百万株すべて買ってやるが、それには条件があるから一札書け」と切り出した。

通常、証券マンは一札入れて顧客に何かを保証するということは絶対にやらない。だがPさんの出した条件は、一目、誰から見ても不当ではない、至極真っ当なものだったのである。

その条件とは、「私がQ社株を百万株買った後、売り注文を出した際には、必ず1ヶ月以内に何某かの法人または個人に全株を買い取らせるべく、媒介を振れ(今でいう「クロス商内」を付けよ)」だった。

別に何割上の価格で買い取れとか、何パーセントの利益を保証せよとかの一札ではない。売却は時価でよいから、売り注文後1ヶ月以内に必ずクロスを付けておくれよ、というだけの約束だ。

証券マンにとって「一発100万株のペロを切る」魅力は前回お伝えしたとおりである。彼は商内欲しさに、「その条件ならお安い御用」とばかり、Pさんの要望に応じることになった。

Next: 「風説」を追い風に株価3倍でクロス執行を迫る鮮やかな手口

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報『投機の流儀』

[月額1500円(税込) 毎週日曜日配信]
市況動向や世界的超金融緩和の行く末を、学者兼投機家の視点で分析。読者質問コーナーでは活発な意見交換も。初月無料で会員限定の投機コミュニティを覗いてみるチャンス!
ご購読はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー