ビットコイン消滅?「暗号通貨の勝利」を確信するIMFラガルドが描く未来

クリスティーヌ・ラガルドIMF専務理事の発言が大きな議論を呼んでいます。彼女は公の場で「銀行業は終わりを迎え、暗号通貨が勝利する」と言ったのです。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2017年10月19日第228号パート1の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

「中央銀行システムはブロックチェーンによって大きく変貌する」

ラガルドIMF専務理事の発言が波紋

ここのところ、国際通貨基金(IMF)が、仮想通貨(暗号通貨)に関するコメントを連発するようになりました。

特に、IMF専務理事のクリスティーヌ・ラガルドが、最近、国際会議で発したコメントは、世界中の銀行家の間で大きな議論を呼んでいます。

彼女は、「銀行業は終わりを迎え、暗号通貨が勝利する」と、公の場で本当に言ったのです。

ラガルドは、9月末にロンドンで行われたイングランド銀行のフォーラムで、「暗号通貨は、インターネットと同じくらい世界を大きく変えるだろう。それは、各国の中央銀行や従来の銀行業を別のものに置き換え、国家が独占している通貨システムに挑戦する可能性を切り開くものとなる」と述べました。

さらに、「暗号通貨をめぐるさまざまな混乱や懸念があるが、それも時間が経てば落ち着くはずだ。長期的には、技術そのものによって、国家通貨の在り方や従来の金融仲介業務が暗号通貨によって置き換えられ、今日のような“部分的な”銀行業務に疑問が投げかけられることになるだろう」と付け加えました。

要するに、従来の銀行業務がドラスティクな変化を遂げ、グローバルで広範な金融サービスに生まれ変わると言いたいのです。当然、ラガルドの言う変化が進むと、銀行そのものが不要となり、銀行員という職種も世の中から消えてしまうことを意味するのです。

残念ながら、この点においてだけは私も同意せざるを得ません。

「IMFのSDRがビットコイン化する日」

これを10月6日付のウォール・ストリート・ジャーナルは、「IMFのSDRがビットコイン化する日」と題して報じていますが、この見出しには、ビットコインが崩壊しないようにとの配慮のあとがうかがえます。

ウォール・ストリート・ジャーナルのこの見出しは、明らかに、JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEOによる「ビットコインは詐欺」発言を穏やかに批判するもので、ラガルドのこのコメントを受けて、ビットコインの価格は10月12日の最高値66万円へ向けて駆け上がっていきました。

ただし、ラガルドはビットコインについては具体的に触れていません。

以前のラガルドは、むしろ、ブロックチェーン(分散化台帳技術)と暗号通貨の将来に悲観的な見通しを示しており、ジェイミー・ダイモンCEOと同じようなコメントを出すかもしれないと、暗号通貨の関係者をハラハラさせていた人物です。

彼女がブロックチェーンと暗号通貨について180度見方を変えたのは、2016年初めに発表した小論文がきっかけとなりました。

彼女は、世界経済フォーラムで発表した42ページの報告書の「暗号通貨の概要」の中で、ブロックチェーンと暗号通貨を称賛しまくっているのです。

いったい、何がラガルドの態度を一変させたのでしょう?

彼女が平然と前言を翻したことは、IMFが、SDR(特別引出権)をデジタル通貨に置き換えることを決定した証左とも捉えることができます。

これは、中央銀行システムを西側世界に押し付け、政府の債務証券(その国の紙幣=フィアット通貨)を印刷しまくって国民から富を吸い上げてきた世界主義の国際銀行家たちが、近い将来、独自のデジタル通貨を発行することによって、いよいよ世界統一通貨への具体的ステップを踏み出そうとしている明確な意思表示に違いないのです。

Next: 元祖ビットコインが表舞台から姿を消す?

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー