fbpx

金融業界に身を置く私が、今この時期にビットコイン取引を再開したワケ=持田太市

富裕層のお客様と接していくうえで、やはり仮想通貨(正確には「暗号通貨」)のネタは外せません。私自身もこのタイミングで売買を再開しましたが、それには複数の理由があります。(『週刊「年金ウォッチ」-自分年金作りのためのメルマガ』持田太市)

プロフィール:持田太市 (もちだたいち)
SBIハイネットワース株式会社 代表取締役。2007年にSBIホールディングス入社。住信SBIネット銀行開業を経験後、ウェブマーケティング部署を経て、海外でのオンライン金融事業の進出プロジェクトに従事。2013年よりロシアのモスクワに駐在し、インターネット銀行サービスを導入。2015年に帰国後、ウェブを活用した国際資産運用の情報プラットフォームプロジェクトを立ち上げ、現在オンライン金融サロン「ヘッジオンライン」を運営中。

これからの仮想通貨相場は、中国人ではなく日本人が牽引する

ビットコインとの最初の出会い

私が仮想通貨、特にビットコインを知ったのはあまり早い段階ではないのですが、2013年に地中海に浮かぶ島、キプロスにおける金融ショック時にビットコインを使ってキャピタルフライト(資金逃避)が行われたという話が印象に残っています。

その後も、匿名性を活かした資金決済という利点が、主にダークサイドで使われているという状況があったと思います。

日本では確か2015年くらいから、ビットフライヤービットバンクといったところでウォレットの作成と、取引所が開設されていったと記憶しています。

ウォレットというのは電子財布のことで、仮想通貨を格納するための場所。取引所というのがコインと現金を交換する場所です。とりあえず取引できるところからやってみようという感じで、ビットフライヤーとビットバンクで取引を開始しました。

その時は、1ビットコイン(BTC)が4万円ほどでした。当然ながら知名度も取引量も少なく、自分としてもこれを大きく買って長期保有なんて発想は当時ありません。まずは試しにやってみよう、という感覚です。

ビットバンクではFXサービスが登場した、ということもあって当時はおぉ!と思っていたわけです。ビットコインがFXのようにレバレッジがかけられたり、あるいはショートポジション(買いではなく売りから取引に入る)ができるんだと思ってやってみたわけです。

実体としては、FX会社のサービスや取引方法などと比較すると、圧倒的にチープで脆弱であったのは間違いありません。

この脆弱さ、自分の多くの資産を投下しようなんて考えには全く至らないレベル感です。ですので残念ながら、のめり込むことなく少しやってフェードアウトしていきました。

オルトコインを見ていた2016年夏

そしてもう少し勉強してやってもいいかもしれない、と思い始めたのが2016年夏頃です。1ビットコインは6万円ほどになっていたと思います。これは法整備がされていく段階ですね。

そこから使い始めたのがコインチェックという取引所。ビットコインだけでなく、オルタナティブコイン(オルトコイン=代替コイン、アルトコインとも)ということで、複数の仮想通貨を取り扱っています。

世界では数百ものオルトコインが存在し、それらは世界のどこかの取引所で売買されるという話がありましたが、日本の取引所ではそれらにアクセスすることが基本的に難しいという環境でした。

オルトコインを売買するには、海外の取引所でやる必要がありますが、物理的にできなくはないものの、それなりにハードル高し、という感じです(言語面もありますが、そもそも安全面が心配です)。

2017年夏「待ってました」の調整局面

それからの動向は、おそらくニュースで見たことが多いと思いますが、2016年末には10万円を越えてきて、5月頃には30万円に、直近では50万円までタッチして今は45万円を前後しているような状況です。

中国において仮想通貨取引所の閉鎖やICO(仮想通貨を用いての資金調達手段)を禁止する等の報道がでたことによって、一旦仮想通貨マーケットは下落基調に転じていましたが、すぐに価格は戻ってきました。

もともと50万円にタッチして、バブル状態ではないかとあちこちで言われていましたので、待ってましたとばかりに調整局面に入ったとみていいのではないでしょうか。

多くの人たちは仮想通貨はもうこれ以上は上がらない、なんて考えてはいないでしょう。下がったらチャンスとみて待機しているはず、というのが素直な見方ですので、私もじっくり見ていきたいと思っています。

Next: 私が今のタイミングで仮想通貨の売買を再開した理由

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい