すべての日本人に伝えたい「スラムに消えた情けない男の話」=内閣官房参与 藤井聡

記事提供:『三橋貴明の「新」経世済民新聞』2017年11月14日号より
※本記事のタイトル・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

【関連】今は生活必需品の「クルマ」を捨ててこそ地方が蘇るワケ=内閣官房参与 藤井聡

親分に媚び続けた情けない男の末路。今はまだフィクションだが…

窮地に立つ日本国の現状

今、日本が置かれている状況をきちんと理解していない国民がどうやら大多数のようです。このままでは、日本は核攻撃に曝されてしまうという最悪の事態に陥りかねません。
https://38news.jp/asia/11168

もうしようがありませんので、今日は、少々現状をデフォルメしてつくった架空の「昔話」を1つ、お話したいと思います。ぜひご一読ください。

【親分に媚びて生きている男】

むかしある街に、情けないひ弱な男が1人住んでいた。

この男、小金だけは貯め込んでいるようだが、自分1人ではケンカもできないし、まともに他人と交渉することもできない。できることと言えば「親分」に媚びて、親分に面倒をみてもらうことくらいだった。

その「親分」は大金持ちで腕っ節が強く、街ではいつも一番デカイ顔をしていた。

ひ弱な男はそんな親分の周りをいつも、まるで子犬のようにまとわりついていた。小金を使ってあの手この手で媚びながら、何かあったら親分に泣きついて、やっかい事を処理してもらっていた。

その媚びっぷりはまさに街一番。だから町の中ではいつも、侮蔑の目で見られ、どこにいっても何をやってもいつも、軽く小馬鹿にされながら生きている――彼は正真正銘、小金持ちなことだけが唯一の取り柄の、街一番の情けない小物だった。

【凶暴な隣人】

そんな彼の家の隣には、すこぶる凶暴な質の悪いチンピラが住んでいた。

この凶暴なチンピラ、時折、ひ弱な男の家にやってきてモノを盗んでいったり、気に入らないことがあればすぐに暴力で威嚇してくる、困った奴だった。

そんなある日、このチンピラがなにやら怪しげな「武器」をいくつもいくつも作っていることが分かった。まだすべては完成しないようだが、隣の男を半殺しにできる程度の力はもう身につけているようだった。

だからそのひ弱な男はもう、恐ろしくて凶暴な隣人に何の手出しも出来ない――そんな状況となってしまっているのだった。

【凶暴なチンピラが「親分」に一か八かのケンカを売る】

ところがそのチンピラ、今度は「親分」にケンカを売ろうとしていることが分かってきた。

このチンピラ、この街で生きて行こうとすれば、この親分の言いなりになっていてはそのうち殺される、だったら、一か八かこの親分にケンカを売って、もう自分には手出しできない様な「凄い武器」をつくっておこう、と考えたようだ。

つまりこのチンピラ、自分の生き残りをかけて親分に手出しさせない凄い武器を作り上げてしまおう、という博打に打って出たわけだ。

とはいえ今の所、その凄い武器はまだ完成していないようだ。が、その凄い武器の完成も時間の問題のようだった。

Next: 親分、チンピラを潰すことを決める

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー