ディスプレイを何枚も並べるデイトレーダーは、みんな「アレ」を監視していました

テレビなどに登場する個人投資家は、PCのディスプレイを2枚、3枚と並べていることが多いですよね。あれって何を表示させてるのか気になりませんか?今回はマネーボイス編集部が調査した中から、具体的な例を3つご紹介しましょう!

ブログ運営もこなす専業FXトレーダー・Y氏の場合

[ ディスプレイの数 = 4枚 ]

米ドル円とポンド円を主に手がける専業FXトレーダーのY氏は、4枚のディスプレイのうち3枚を取引用に、1枚をブログやツイッター更新用に使用しています。

取引用ディスプレイ3枚のうち2枚を占めるのが、各通貨ペアのチャートとプライス情報。

現在ポジションを取っている(もしくはこれから取ろうとしている)通貨ペアの、1分足、5分足、15分足、1時間足、4時間足を表示させ、お気に入りのテクニカル指標までしっかりチェック。

また他の通貨ペアも、異常な値動きがないか1分足を監視しています。同一ディスプレイ内に発注画面と口座情報を置いて、いつでも売買ができるようにしているそうです。

取引用の残り1枚には、指標結果などのヘッドラインニュースを表示。この1枚はTV画面に切り替えられるようになっていて、大事件が発生した時などはニュースをすかさずチェック可能です。

Y氏の売買回数は、多くて1日に2~3回程度。あとはひたすら市況を眺めてチャンスをうかがいつつ、残り1枚のディスプレイを使ってブログやツイッターを更新、ノウハウをまとめたり、トレーダー同士で情報交換を行っているとのことです。

ちなみにスポーツ観戦が趣味のYさん、日本代表のゲームがある日などは、相場と試合を同時に監視しているそう。「テレビは意外に重要」と力説していました。

Next: 株式投資暦11年の専業デイトレーダー・F氏の場合

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい