トランプが北朝鮮を黙らせたのは、イランに戦争を吹っかけるための布石にすぎない=高島康司

米国が核合意離脱を決めたことで、いよいよイラン戦争が始まりそうだ。さらに言えば、北朝鮮との和平が加速すればするほど、イラン攻撃が近くなると見てよい。(『未来を見る!ヤスの備忘録連動メルマガ』高島康司)

※本記事は、未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ 2018年5月11日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

ついに「中東有事」勃発か。北朝鮮とイランの情勢は連動している

アメリカが「イラン核合意」から離脱

5月8日、トランプ大統領は公約通り、2015年にイギリス、フランス、ドイツ、そしてロシアも参加してイランと締結した核合意からの離脱を発表した。IAEA(国際原子力機関)による度重なる査察によって、イランの核兵器開発の事実がないことははっきりしていたが、イスラエルの言い分を鵜呑みにしたトランプ政権は、イランがいまだに核兵器開発を秘密裏に行っているとして、核合意から一方的に離脱した。そして、最大限の制裁をイランに課すとしている。

本来、これは5月12日には発表されるとしていたが、4日も前倒しで行われた。

イラン戦争は間近か?

この発表とまさにタイミングを合わせるように、イスラエルによる攻撃が一斉に始まった。まず、8日にシリアの首都、ダマスカス南部のキズワにあるイラン革命防衛隊も使っている基地が攻撃され、イラン人8名を含む15名が死亡した。兵器を輸送しているイラン革命防衛隊が標的にされたようだ。

また、シリア北西部の都市、イドリブ西部でも大きな爆発があったことが確認されている。そして、ダマスカス西部のアル・カスラでも攻撃があった。ダマスカス南部のジャバール・アルマネーでも同様の攻撃があった模様だ。

4月13日のトマホークによる攻撃を実質的に撃退したシリア政府軍やイラン革命防衛隊が攻撃されているのは、イスラエル空軍機がアメリカ軍機のトランスポンダーを偽造し、アメリカ軍機のように見せかけて攻撃しているからだと見られている。

いまシリアでは、反政府勢力を支援するアメリカ軍と、シリア政府軍を支援するロシア軍とは同じ空域を飛行している。

両軍は、それぞれの軍機を識別するトランスポンダーという信号を使い、両軍が戦闘状態になることを回避している。アメリカ軍機のトランスポンダーであれば、シリア政府軍もロシア軍も攻撃を控えている。

イスラエルは今回この取り決めを悪用し、アメリカ軍のトランスポンダーを偽造して飛行している。そのため、シリア政府軍やイラン革命防衛隊の防空システムが作動できないようにしているのだ。

Next: 加速する戦闘準備。前回4月13日のシリア攻撃よりも危険な状況に

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい