人口増加=経済成長は思い込み!経済成長の「真実」に人口は関係ない

そして、二つ目は、そもそも経済成長は「生産年齢人口の増加」によって達成されるわけではないという点になる。

厳密にいえば、インフレギャップが成立している環境下で、生産年齢人口の増加が経済成長に「全く貢献しない」というわけではない。とはいえ、実際に高度成長を果たした時期の日本は、経済成長率が平均で10%近かった。高度成長期の生産年齢人口の増加率は、平均で1.71%である。高度成長期の日本の経済成長率を「生産年齢人口の増加」のみで説明するのは、無理があり過ぎるのだ。

日本の高度成長に「最も貢献した」要因は、総人口の増加でも、生産年齢人口の増加でもなく、生産性の向上だ。すなわち、生産年齢人口一人当たりの生産(モノ・サービスの生産)の拡大こそが、日本に経済成長をもたらしたのである。

高度成長期の生産性上昇率

上記の通り、高度成長期の「生産年齢人口一人当たりの実質GDP」は、7%前後の成長を見せた。

総人口の増加が年平均1.12%。生産年齢人口の増加が年平均1.71%。生産年齢人口一人当たりの実質GDPの成長率が7%弱。

さて、日本に高度成長をもたらしたのは、総人口の増加だろうか。あるいは、生産年齢人口の増加なのか。「影響力」の割合を見る限り、間違いなく生産年齢人口一人当たりの実質GDPの成長率、すなわち生産性の向上だ。

インフレギャップ環境下では、生産年齢人口の増加が経済成長をもたらしたように「見える」かも知れない。とはいえ、実際には生産者数の増加よりも、生産性の向上効果の方が圧倒的に影響が大きいのである。

あるいは、生産年齢人口が減少することで、経済成長率が低迷するという「人口オーナス」論というものがある。インフレギャップ環境下において、生産年齢人口が減れば、「生産性の向上効果が薄い」という前提の下では、経済成長率は確かに下がるだろう。それを受け、「生産年齢人口の減少=経済成長低迷」という人口オーナス論が広まったわけだが、ポイントは生産年齢人口の減少そのものではない。

単に、デフレで生産性の向上が望めない時期に、実質賃金の低下(デフレ期には間違いなく実質賃金は下がる)を受け、生産年齢人口が減少するというだけの話だ。すなわち、「生産年齢人口減少⇒経済成長率の低迷⇒実質賃金の低下」というプロセスが成立しているわけではないのだ。正しくは、「デフレ化⇒実質賃金の低下⇒少子化により生産年齢人口の減少」という現象が発生していただけに過ぎないのである。

そして、生産年齢人口減少は必然的に経済をインフレギャップ化させ、生産性を向上させる絶好の機会が生まれる。すなわち、デフレによる実質賃金の低下、そして少子化進行による生産年齢人口の減少こそが、インフレギャップと生産性向上という「経済成長」をもたらすスタビライザー(安定化装置)の役割を果たすのである。

落ち着いて考えてみれば、誰にでも理解できるはずだ。

この世界では、人口ボーナス論も人口オーナス論も、「常に」成立するわけではない。何しろ、両者ともに「セイの法則」を前提としている。

経済成長の「真実」には、人口は関係ない。単に、インフレギャップ下で生産性を向上できるか否か。ただ、それだけの話に過ぎないのである。

週刊三橋貴明 ~新世紀のビッグブラザーへ~』 Vol.324より抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

1 2

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

週刊三橋貴明 ~新世紀のビッグブラザーへ~

[月額648円(税込) 毎週土曜日]
日本の新聞・テレビなどのマスメディアでは、上記のフレーズがあたかも「常識」のように使われている。本メルマガでは、正しい数値データに基づき各種の「嘘の常識」を暴き、ボトルネックを取り去ることで、日本経済が着実な成長路線を進めるようコンサルティングを提供する。大人気Blog『新世紀のビッグブラザーへ』著者、三橋貴明が綴る必読参考書です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー