夜の銀座ママを25年やって気づいた、一流の男に共通する「我慢しない生き方」

なぜ成功している方は、自分に正直に生きて次々とチャンスを掴むのでしょうか? 前回に続き、夜の銀座で25年という年月を過ごしてわかった夢を叶える人の特徴をお伝えします。(『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』)

プロフィール:日高利美(ひだか としみ)
1975年生まれ。18歳で銀座のママになるべく銀座で働き始める。多くの一流ビジネスマンを接客することで、一般常識とマナー、気配りの大切さを学ぶ。26歳で銀座のクラブのオーナーとなり、現在は複数の会社を経営する実業家として活躍中。ライフワークとして、米国ロサンゼルス、シリコンバレーやシンガポールでの海外公演をはじめとし、国内では企業の経営者や就職活動中の学生に対する講演から女子力アップセミナーまで、幅広い世代に向けたセミナーの講師を務める。

※本記事は有料メルマガ『銀座ママ日高利美のメールマガジン「銀座の教え」』2018年5月30日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

自分に正直、小さな約束を守る…成功者が共通して持つ資質とは?

成功者の共通点その1:自分に正直

私が夜の銀座で出会った成功している人・経営者の皆さまの共通点のひとつに、「自分に正直」という特徴があります。

自分に正直に生きたら、人間関係が上手くいかないのではないか」と思われて、本心を言葉にして伝えなかったり、我慢なさることもあるのではないでしょうか?

自分に正直でいることは、周りのことを考えず、やりたいことをやりたいようにやることとは違います

ここで言う「自分に正直」とは、自分の気持ち、思い、考え、感情と言われるものを、自分自身が受け入れるということ。自分に嘘をつかないという意味です。

・人から好かれたい
・人から嫌われたくない
・人を傷つけたくない

という思いが強い人は、時に、自分よりも自分以外の人の気持ちを大事にしてしまいます。自分の本心を周りの人に伝えなかったり、自分の気持ちを無視し続けたり…。

その環境が長くなればなるほど、自分自身が本当に望んでいることがわからなくなってしまったり、自分のことがわからなくなってしまうものです。

他人に気を使い過ぎると、自分の気持ちが見えなくなる

本当は寂しいのに平気なふりをしたり、心の奥底では悲しみを感じているのに怒りという感情で表現したり…。

寂しい時には寂しい、悲しい時には悲しいと言うことを自分自身が受け入れ、周りの人に表現しないと、伝わるものも伝わらず、誤解や嫌悪を与えてしまいます。

傷ついた時や嫌なことがあった時、苦しいことがあった時に、自分自身がしっかりとその感情を受け止める・受け入れることが、大切ではないかと思うのです。

Next: 「あなたはどうしたい?」。成功者が行う自己対話のすごい効果

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい