マスコミに私怨?安倍首相が報道に求める「公正・中立」の呆れた中身=不破利晴

テレビ朝日系『報道ステーション』の古舘伊知郎氏が来年3月末日をもって番組を去ることを公表し、TBS系『NEWS23』の岸井成格氏も番組を降板すると一部で報道されている。これら著名な“アンカーマン”らの降板劇は、現政権による番組への介入抜きにして考えるのは困難であるように思われる。(『インターネット政党が日本を変える!』不破利晴)

自民党議員に聞かせたい、報道に公正・中立を求めることの勘違い

古舘伊知郎『報ステ』降板は、安倍首相の復讐なのか?

ことに安倍首相に関してはマスコミに対するルサンチマン(憤り・怨恨・憎悪・非難)が甚だしく、第一次安倍内閣はマスコミによって潰されたという感情をいまだ引きずっているようにも見える。

第一次安倍内閣は2007年9月26日に終焉を迎えたのだが、2007年2月20日の朝日新聞に次のような記事が掲載されている。

「風雲 安倍官邸 党内の不満 抑えきかず」
「安倍官邸」に対する自民党の不満や批判が公然化してきた。安倍首相が部屋に入っても閣僚らが起立しないといった裏話を中川秀直幹事長が暴露するなど、官邸不信は募るばかり。朝日新聞の世論調査では内閣不支持がついに支持率を上回った。くすぶる内閣改造論の矛先は勢い大番頭の塩崎官房長官に向かっており、首相官邸は防戦に追われる日々だ。

出典:2007年2月20日 朝日新聞朝刊 3面

これは同年2月19日の衆議院予算委員会の席上、民主党の岡田克也代表が塩崎官房長官に問いただしたことで明らかになった。当時の安倍首相は自ら任命した閣僚らに軽んじられ、閣議で安倍首相がやって来ても私語や雑談をしている者が後を絶たなかったという。そんな首相官邸の内情をマスコミが面白おかしく書き叩いている構図である。

官邸崩壊というよりも学級崩壊のような低レベルの話だが、問題は安倍首相のみならず、批判の矛先は当時官房長官だった塩崎恭久官房長官にも向けられた。

山本一太議員に面と向かって「あなたには永田町的人望がない」と言われ、官邸に乱立する政策会議について中川昭一政調会長に「似たようなものをたくさんつくると、マスコミに叩かれるよ」と釘を刺されもした。

当時の安倍政権は、上記の朝日新聞記事に代表されるようにマスコミの餌食となり、そんなマスコミに牽引されるように国民の批判も噴出し、終には瓦解したと言える。

安倍首相の“トラウマ”

現在の安倍首相がマスコミを時に懐柔し、時に目の敵のように圧力を掛けるのは当時の経験がトラウマとなっているからであろう。

そして、昨年の12月にNHKや在京民放テレビ局に対し出した「中立・公正を求める要望書」によって安倍政権によるマスコミ統制は頂点を極め、以降、テレビや新聞は安倍政権違反に対してすっかり牙を抜かれたようになってしまった。2007年当時と比べれば、その論調には隔世の感がある。

Next: 本来、報道に「公正・中立」など存在しないし、する必要もない

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー