fbpx

青山商—急伸、400店で売り場最大半減との報道をプラス材料視

マネーボイス 必読の記事



青山商<8219>は急伸。専門店の6割にあたる400店で売り場面積を最大5割減らすと伝えられている。空きスペースはコンビニなどを誘致する計画のようだ。同社がスーツ事業を抜本的に見直すのは1964年の創業以来初めてとなるもよう。テレワークの浸透などもあって、コロナ後もこれまでのようなスーツ需要は期待しにくいとみられており、人件費の削減や売上減少の一定程度のカバーにつながるとみられる施策をポジティブ視する動きになっている。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー