fbpx

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆リスク選好的なユーロ買い・円売りがただちに拡大する可能性は低い見通し

マネーボイス 必読の記事



ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。欧州におけるウイルス感染抑制のための規制措置の影響で経済活動は停滞気味。4-6月期以降におけるユーロ圏の景気回復への期待は残されているが、リスク選好的なユーロ買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。

【ユーロ売り要因】
・ECBはユーロ高を監視へ
・ウイルス感染拡大を受けて独仏の行動規制は当面継続
・米国の政治不安で安全逃避のユーロ売り・米ドル買いが増える可能性

【ユーロ買い要因】
・4-6月期以降におけるユーロ圏経済の回復期待
・米国の低金利政策は長期化の公算
・欧州におけるウイルスのワクチン接種拡大への期待

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー