fbpx

【M&A速報:2021/01/28(1)】昭和電工、アルミ缶事業売却で米投資会社Apollo社と基本契約締結

マネーボイス 必読の記事



■昭和電工<4004>、アルミ缶事業売却で米投資会社Apollo Global Managementと基本契約締結

■エディオン<2730>、システム開発事業のHampsteadなどを傘下にもつPTNを買収

■デジタルガレージ<4819>と横浜銀行、30億円の「Hamagin DG Innovation投資事業有限責任組合」を設立

■META Capital、澤田HD<8699>へのTOB買付期間を2月10日までに延長

■アイリスオーヤマとソフトバンクロボティクスグループ、合弁会社を設立 法人向けサービス・ロボット事業を本格展開へ

■中小機構、静岡キャピタルが運営する「静岡中小企業支援6号投資事業有限責任組合」に出資

■東京エネシス<1945>、日立プラントコンストラクションから火力発電事業を譲り受け

■三桜工業<6584>、子会社2社を合併

■川崎重工業<7012>と日立造船<7004>、シールドマシン事業を統合 新会社設立に関する基本合意書を締結

■三菱重工業<7011>、エレクトロフューエル技術でリードする米インフィニウム社に出資

■静岡鉄道、グループのトヨタ販売店3社を合併

■富士通<6702>子会社のPFU、子会社3社を統合

■オリンパス<7733>、医療用蛍光イメージングシステム開発・製造・販売の蘭Quest Photonic Devicesを買収

■日邦産業<9913>、フリージア・マクロス<6343>によるTOBについて「何らの連絡もなく一方的かつ突然に行われたもの」

■フリージア・マクロス<6343>、日邦産業<9913>に対しTOBを実施 持ち分法適用会社化を目指す 買付価格は1株930円

■豊田合成<7282>、インド子会社の豊田合成ミンダインディアと持ち分法適用会社ミンダTGラバーを合併

■東京製綱<5981>、日本製鉄<5401>によるTOBに関し「留保」の意見表明

■日本製鉄<5401>、ブリキ事業の広州太平洋馬口鉄の出資持ち分25%を合弁パートナー広州高新区投資集団に譲渡

■仮想デスクトップ事業展開のアセンテック<3565>、テクノロジーパートナーの台湾Atrust Computer社に出資

■出光興産<5019>、自立支援型デイサービス運営などのQLCプロデュースを買収 介護ビジネス展開へ

■クボタ<6326>、ドローンによる果樹収穫サービス提供のイスラエルTevel Aerobotics Technologies社に出資

■マネックス証券と新生銀行<8303>グループ、金融商品仲介業務の包括的業務提携で基本合意

【ニュース提供・MARR Online(マールオンライン)】


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー