fbpx

テスラバブル崩壊でも影響軽微?1950年代に似た「強い経済」復活で日経平均4万円へ=藤井まり子

2021年、黄金の1950年代にも似た「強い経済」が復活する?

2月に入ってから、内外の株式市場は、特に日本株式市場は「スピード違反の疑いのある速度」で力強く上昇してきました。

アメリカでは、インフレとインフレ期待(近い将来のインフレ予想)も急ピッチで上昇してきました。

その結果、当然と言えば当然のことですが、アメリカでは、2月16日(現地時間)から長期金利も「スピード違反の疑いがある速度」で上昇してしまいました。

2月12日までは1.10%台で安定的に推移していたアメリカの長期金利が、21日には1.34%まで急上昇しました。この場合、急騰(一気に飛び上がるような急上昇)ではないことには、ご注意ください。

その後、内外の市場では、株価は調整と言えるほどの大きさではないにしろ、弱含みしました。

株価と並行するかのように、長期金利のほうは日ごとに「利回りが急上昇(=価格が下落)するたびに、即座に買いが入って利回りは下落(=価格が上昇)する」といったことを繰り返しています。

当メルマガでもお伝えしておりますように、「超の付くウルトラ過剰流動性」は、株価のみならず、ドル国債市場をも、安くなったらガブリがぶりと飲み込んで、買い支えて、「急騰(=価格の暴落)」を防いでいるのです。

いま最も注目を払うべきは、アメリカ国内の実質金利の水準。

アメリカの実質金利は、いまだに「マイナス0.87%」とマイナス圏。実質金利がマイナス圏を安定的に推移している限り、この実質金利は、アメリカの景気拡大を支え続けています。

おそらく「今回の内外の株式市場の調整は、調整と呼べるような調整とはならないでしょう。

「内外の株価は駆け足で上昇し過ぎた後の、小休止」「絶好の押し目買い」と言ったところです。

「テスラのバブル崩壊」というグレーススワン(灰色の白鳥)が飛び立ちました。が、「このグレースワン」がアメリカ株式市場全体に与える影響は、とても小さいです。

なぜならば、テスラの時価総額の「アメリカ株式市場全体の時価総額」に占める割合は、0.3%程度ととても小さいからです。

引き続き、世界経済全体、アメリカ経済全体への強気は継続します。

2021年末の株価目標を、若干修正します。ダウは上方へ、S&P500は下方へ、日経平均ほぼ変わらずです。

金利上昇に伴い、今後はハイテクなどのキラキラしたグロース株から、景気敏感株やローテクなどのバリュー株へと大きなローテーションが起きるからです。

・ダウは、3万5,000ドル。
・S&Pは、3,900~4,200ポイント
・日経平均は、3万3,000円

引き続き、合い言葉は「強い経済、インフレ、株高、債券安(長期金利の上昇)」です。「黄金の1950年代にも似た強い経済」が復活すると見ています。

続きはご購読ください

・アセットアロケーションとリスクの考え方
※この項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ購読!

【要注意】資産形成および投資は、必ず「自己責任」でお願いします。この記事は藤井まり子の個人的見解を述べたもので、当メルマガ及び記事を読むことで何らかの経済的及び精神的被害を被ったとしても、当方は一切責任を負いません。

<メルマガ購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

※2021年2月中に定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2021年2月配信分
  • 引き続き「強気継続」(2/22)
  • グレースワンが飛び立った!?おそらく、テスラ株のバブルはとても近いうちに弾けるだろう(2/19)
  • 「グレースワン(灰色の白鳥)」が飛び立った!”~テスラ株のバブルは弾けるだろう!(2/19)
  • 「日経平均:3万円」大台回復の背景~「バイデンヘリマネ」はインフレに火を付ける!♪~(2/16)
  • 日増しに「すごみ」を効かし始めたイエレン長官と、鳴くのを止めた「炭鉱のカナリヤ:ビットコイン」(2/12)
  • 爆裂する内外の株式市場~退けられる(?)「弱い二月相場というアノマリー」~(2/9)
  • 近いうちに「とても強い経済」が爆裂だ!(2/8)
  • バイデンとイエレンは「1.9兆ドルヘリマネ」に本気!「ヘリマネ」では負けていない菅政権(2/5)
  • 「ロビンフッター達の饗宴」の「終わりの始まり」(2/5)
  • バイデン大統領とイエレン長官は「1.9兆ドルヘリマネ」に本気♪~それに決して負けていない菅新政権~(2/4)
  • いよいよ2月相場が始まった!~「バイデン増税」は年内に実施?~(2/2)

いますぐ購読!


※本記事は有料メルマガ『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2021年2月22日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】近づく「イーロン・マスクバブル」崩壊。日本株も仮想通貨も道連れに=今市太郎

【関連】JT減配で株価急落も心配無用。たばこオワコン化でも経営安泰の理由=栫井駿介

【関連】コロナ危機が金持ち父さんと貧乏父さんの分かれ道に。貧乏父さんが貧乏のままのワケ=花輪陽子

image by:mccv / Shutterstock.com
1 2

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』(2021年2月22日号)より一部抜粋、再構成
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,500円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー