fbpx

デジタルドル支援、イエレン米財務長官が示唆。ビットコインほか民間の暗号資産を駆逐か=久保田博幸

イエレン米財務長官が「デジタルドル」の研究をバイデン政権が支持していると示唆しました。米国発のデジタル法定通貨が完成すれば、既存の暗号資産に大きな影響を与えそうです。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

【関連】コロナ禍で急増「貧困ビジネス」にご用心。詐欺を見破るシンプルな考え方=午堂登紀雄

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行います。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

米イエレン財務長官が「デジタルドル」に乗り気

米国のイエレン財務長官は22日のニューヨーク・タイムズ主催のバーチャル会議で、ソブリンデジタル通貨の発行を「中央銀行が検討するのは理にかなっている」と発言した。さらにデジタルドルは、米国におけるファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)面の困難に低所得世帯が対応するのを支援する可能性があるとの認識を示した(23日付ブルームバーグ)。

カンボジアの中央銀行は昨年10月に、中央銀行デジタル通貨システム「バコン」の運用を開始した。このデジタル通貨は日本企業の技術を採用したものである。中央銀行デジタル通貨は、カリブ海の島国バハマでも本格的な運用が始まった。

そして、中国も昨年10月に、ハイテク都市の深センを皮切りにデジタル人民元の大規模な実証実験をスタートさせた。

イエレン氏は今年1月の議会公聴会で、暗号資産(仮想通貨)に関わるマネーロンダリングやテロリストの利用等、犯罪に利用される点が課題だと指摘していた。

これに対して、中央銀行デジタル通貨(Central Bank Digital Currency、CBDC)は、それ自体が法定通貨となるものである。

ECBのラガルド総裁も昨年11月にECBが数年以内にデジタル通貨を創設する可能性を示唆していた。

日銀は現時点で中央銀行デジタル通貨を発行する計画はないとしているが、決済システム全体の安定性と効率性を確保する観点から、今後の様々な環境変化に的確に対応できるよう、しっかり準備しておくとしている。

ビットコインほか民間暗号資産を駆逐するか?

フェイスブックが主導する暗号資産「リブラ」の管理団体リブラ協会(本拠地:スイス・ジュネーブ)は暗号資産と団体の名称を「ディエム(Diem)」に変更し、2021年1月に発行を計画していたが、いまだ発行されてはいない。

ビットコインの価格動向が世間を賑わせているが、民間が発行している暗号資産(仮想通貨)などがデジタル通貨として利用される可能性は低いとみられる。

しかし、中央銀行デジタル通貨システムについては、既存の金融システムを維持した上で補完的に利用される可能性は否定できない。

その目的のひとつにはイエレン氏が「簡易な決済システムや銀行口座へのアクセスを持たない国民はあまりにも多く、そうした面でデジタルドルが役立つ」と語ったように、銀行口座を持たない人たちによる利用等も意識されているとみられる。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】近づく「イーロン・マスクバブル」崩壊。日本株も仮想通貨も道連れに=今市太郎


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】JT減配で株価急落も心配無用。たばこオワコン化でも経営安泰の理由=栫井駿介

【関連】血税73億円垂れ流し「五輪観客用アプリ」なぜ開催中止を想定せず?菅内閣は国民を完全に舐めている=原彰宏

image by:John_Papadopoulos / Shutterstock.com

牛さん熊さんの本日の債券』2021年2月24日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー