fbpx

USEN-NEXT HOLDINGS—ゼネラル・オイスターグループに「Servi(サービィ)」を導入

マネーボイス 必読の記事



USEN-NEXT HOLDINGS<9418>は20日、グループ会社のUSEN FB Innovation(以下UFBI)が協力し、ゼネラル・オイスター<3224>の子会社ヒューマンウェブが運営する「カーブ・ド・オイスター東京駅八重洲地下街店」に「Servi(サーヴィ)」を導入したと発表。

「Servi」はソフトバンクロボティクスが、飲食店やホテル・旅館、小売店などで従業員と共に働くことを目的に開発された配膳・運搬ロボット。店舗の業務効率化や顧客満足度の向上に加え、来店客との直接的な接触を削減するなど、ニューノーマル時代に合った使い方も可能。
2020年12月よりUSENをはじめグループ各社で取り扱いを開始。UFBIでは今回の「カーブ・ド・オイスター東京駅八重洲地下街店」に導入したのは初めての事例となる。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー