fbpx

(中国)上海総合指数は0.63%高でスタート、不動産大手のデフォルト不安が後退

マネーボイス 必読の記事



23日の上海総合指数は買い先行。前日比0.63%高の3651.27ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時53分現在、0.85%高の3659.15ptで推移している。中国恒大集団のデフォルト不安の後退が引き続き好感されている。また、年内の利下げ期待が根強いことも引き続き支援材料。外部環境では、米金融緩和の継続が外資の流出懸念を緩和させている。なお、連邦準備制度理事会(FRB)は市場の予想通り連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利や資産入策の据え置きを決定した。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー