fbpx

マザーズ先物見通し:続落、EC関連の競争激化が重し、ボリンジャーバンド-2σが争点

マネーボイス 必読の記事



本日のマザーズ先物は続落が予想される。28日の米国株式市場は、財務長官により連邦債務が10月18日に上限に達する公算大と指摘したため、政府機関閉鎖などのリスクが警戒され、寄り付き後、下落。9月消費者信頼感指数が予想外に悪化したほか、イエレン長官が、債務上限が引き上げられなければ金融危機やリセッションに直面する可能性を警告し売りが加速、ダウ、ナスダックは大幅安となった。本日のマザーズ先物は米国市場やナイトセッションが下落した流れを引き継ぎ、続落でのスタートが予想される。アマゾンジャパンが日本貿易振興企業と連携し国内の中小企業の米国向け越境ECを支援と日本経済新聞が報じている。この報道により時価総額上位のBASE<4477>など中小EC事業者の競争激化懸念が高まり、相場の重しとなる可能性があろう。日足チャートでは、ボリンジャーバンドのマイナス2σで下げ止まりするかが争点となりそうだ。本日の上値のメドは1120.0pt、下値のメドは1041.0ptとする。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー