fbpx

シンクレイヤ—大幅に4日続伸、新株予約権の大量行使で希薄化懸念後退

マネーボイス 必読の記事



大幅に4日続伸。9月6日に発行した第1回新株予約権のうち、995個(発行総数の11.0%)が権利行使されたと発表している。交付株数は9万9500株。未行使の残存個数は3899個となった。シンクレイヤは11日にも1361個の権利行使を発表しており、相次ぐ大量行使で将来の株式価値の希薄化懸念が後退し、買いが優勢になっている。また、25日移動平均線が75日移動平均線を上に突き抜けたことも先高観測につながっているようだ。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー