fbpx

NY外為:ユーロ上値重い展開、ECB理事会控え

マネーボイス 必読の記事



NY外為市場ではユーロ売りが続いた。ドイツの最新10月IFO企業景況感指数が4カ月連続で悪化しユーロ売りが優勢になったほか、今週予定されている定例理事会で欧州中央銀行(ECB)が引き続き慎重な姿勢を示すとの見方がユーロ売り圧力となった。

ECBは今週予定されている定例理事会で金融政策を据置く見込み。また、金融政策の決定において影響力の強いラガルド総裁やレーン専務理事がインフレは一時的で対処の必要はないとハト派姿勢を維持すると見られ、ユーロの売り圧力となる。

ユーロ・ドルは121型1.1591ドルまで下落後も1.1600−05ドルで戻りが鈍い。ユーロ・円は131円を挟んだ安値圏でもみ合いとなった。ユーロ・ポンドは0.8427ポンドまで下落し日中安値を更新した。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー