fbpx

黒田さん、「プライドの高い人たち」を怒らせると面倒ですよ=ショー

4/28日銀金融政策決定会合後の黒田総裁記者会見、冒頭の発表は退屈な内容でしたが、記者との質疑応答になってから、個人的にかなりのサプライズがありました。(『海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ』)

黒田日銀総裁会見(4/28)の質疑応答で感じたサプライズ2つ

イタいところを突かれた?

4月28日(金)の黒田日銀総裁の記者会見をリアルタイムで見ていました。

冒頭の原稿読みの発表は無難というか退屈な内容(毎度の「躊躇無く」が繰り返されるもの)でしたが、質疑応答になってからは、かなりのサプライズがありました。

【関連】私がスイス・ユニオン銀行で目の当たりにした「為替介入」の現場=矢口新

ひとつは、記者から、「以前も(会合前には)マイナス金利は全く考えていないとおっしゃっていながら、実施された事がありましたが」と言われたとき、黒田総裁が「ヘッヘッへ」と高笑いした場面。

もうひとつは、「金融機関、マーケットとのコミュニケーションがうまくいっていないのでは?」と指摘された時。黒田総裁は、

コミュニケーションはしっかりやっている
そもそも、マイナス金利は金融機関のためにやっているものではない

との反応でした。

ショーは、記者会見の中継とFXのスクリーンを同時に見ていたのですが、記者会見が始まってから、円買いが怒濤のように進んでいましたから、そんな中、総裁が高笑いというのは、かなり印象悪いなあ、と感じたものです。

イタいところを突かれたということで同情する部分もありますが、せいぜい、含み笑いくらいか、出来れば冷静に、淡々と対応していただきたかったところです。

そしてもうひとつの、「金融機関のための政策ではないから」というのは、大失言だったと感じています。

今回の会見で、マスコミ(の記者)と金融機関の社員という、世の中でもかなりプライドの高い人たちを怒らせてしまったからです。

Next: プライドの高い人を怒らせると何がどう面倒か

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい