fbpx

オプティム—AIソリューションが8部門で市場シェア首位を獲得

マネーボイス 必読の記事



オプティム<3694>は8日、デロイト トーマツミック経済研究所が発刊した調査レポート「AI(ディープラーニング)活用の画像認識ソリューション市場の現状と展望(2021年度版)」において、同社のAIソリューションが2020年度売上高において、8部門のシェア首位となったことを発表した。

8部門とは、2020年度提供形態別売上高動向のSaaS市場動向「SaaS売上高(2019~2021年度)」「SaaS利用料売上高(2019~2021年度)」「SaaS関連サービス売上高(2019~2021年度)」、業種別売上高動向の「農林水産業売上高(2019~2021年度)」「医療売上高(2019~2021年度)」、従業員規模別売上高動向の「300名未満売上高(2019~2021年度)」、用途別売上高動向の「保守・点検売上高(2019~2021年度)」「診断補助売上高(2019~2021年度)」。

同調査レポートは、活性化しているAI(ディープラーニング)による画像解析市場の現状の市場規模や開発動向を明らかにし、中期的な市場の動向を明らかにすることを目的として、44の企業が調査対象となっている。調査期間は2021年7月~9月。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー