fbpx

欧米為替見通し:ドル・円は戻りの鈍い値動きか、米FOMCでのタカ派抑制に期待

マネーボイス 必読の記事



26日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きか。米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策決定が想定ほどタカ派的でなければ株高・円安の見通し。ただ、米金融正常化への思惑から金利高は抑えられ、ドルの戻りは限定的となりそうだ。

前日の取引で米連邦準備制度理事会(FRB)の金融正常化やウクライナ情勢の不透明感から、ドル買いに振れる場面もあった。ユーロ・ドルは1.1260ドル台に下げ、ドル・円は円買いに押されながらも113円後半を維持。本日アジア市場はFRBの政策決定を前に様子見ムードが広がり、方向感の乏しい展開に。日経平均株価の下げ渋りで全般的に日本株安を嫌気した円買いは縮小し、主要通貨は底堅く推移した。

この後の海外市場は米金融政策が焦点。FRBが金融正常化を進めるとの見方から経済への影響が懸念され、NY株式市場は大幅安が続く。市場では、FRBが引き締めを急がない姿勢を示すなどタカ派色を弱めるなら足元の株安は巻き戻され、円売りが主要通貨を押し上げると期待される。ただ、利上げサイクル入りは避けられず、ドル買いは小幅となろう。また、ウクライナ情勢の不透明感がリスク選好の円売りを弱めるとみる。

【今日の欧米市場の予定】
・22:30 米・12月卸売在庫速報値(前月比予想:+1.2%、11月:+1.4%)
・24:00 カナダ中銀が政策金利発表(0.25%に据え置き予想)
・24:00 米・12月新築住宅販売件数(予想:76.0万戸、11月:74.4万戸)
・04:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表(政策金利は0.00-0.25%に据え置き予想)
・04:30 パウエル米FRB議長会見


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー