fbpx

エプソン、日製鋼所、光陽社など

マネーボイス 必読の記事




<8035> 東エレク 58390 +730
反発。米アプライド・マテリアルズが第2四半期決算を発表、売上高は62.5億ドルとなり、市場予想の63.8億ドルを下振れ。また、第3四半期予想も58.5-66.5億ドルとし、市場予想の67.3億ドルを下回る。中国でのロックダウンの影響など供給網問題が重しに。一方、東エレクについては前期実績及び今期計画が揃って市場予想を超過するなど好決算が確認され、前日急落しただけに、本日は堅調な値動きに。

<3382> 7&iHD 5302 0
いってこい。米小売大手ウォルマートやターゲットの株価急落を受けて、前日から軟調な動きが目立つ。ターゲットの2-4月期決算では純利益が前年同期比で半減となるなど、燃料費や物流費の高騰が重しとなった。インフレ高進に伴う米個人消費の減退に対する懸念も強まり、昨年スピードウェイを買収した同社にも警戒感が波及した。さらに、本日はH2Oリテイリングとの提携関係解消も伝わっており、押し目買いも限られた。

<5713> 住友鉱 5343 +184
大幅続伸。本日は同社の他、チタン株や大平洋金属、東邦亜鉛など、非鉄金属株の上昇が目立っている。業種別上昇率では海運に続く第2位に。前日の商品相場ではドルの下落などを受けて銅相場が上昇、ニッケルも3月以来の大幅高となっており、国内非鉄株にも資金が向かう展開となっているようだ。LME先物は、銅が約2%、ニッケルが約8%の上昇となっているようだ。

<6724> エプソン 2123 +171
大幅反発。発行済み株式数の9.53%に当たる3300万株、300億円を上限とする自己株式の取得実施を発表している。取得期間は5月20日から23年5月19日まで。高水準の自社株買いが当面の株価の下支えにつながるとの期待が高まる形に。取得株は全株消却する方針。また、創立80周年を迎えたことで記念配当10円を実施するとも発表、年間配当金は前期比10円増の72円に引き上げている。

<6471> 日本精工 748 +20
大幅反発。ゴールドマン・サックス証券は投資判断を「売り」から「中立」に格上げ、目標株価も600円から900円に引き上げた。独ティッセンクルップとのステアリング事業での協議開始が再評価の契機になるカタリストとみている。恒常的な赤字事業と考えているステアリング事業が合弁会社へと移管されれば収益性の向上につながり、ポジティブな戦略だと評価している。

<5631> 日製鋼所 3295 +230
大幅反発。前日に決算説明会を開催、評価材料につながっているようだ。セパレータ用フィルムシート装置、成形機ともに事業環境は堅調とされているもようで、前者に関しては、半導体の変更によって調達難による下振れリスクは低下との見方になっている。後者に関しても、EV化に伴って顧客の生産ラインにおいての不足感が生じているようだ。火力製品の不適切行為問題によって急落した株価の見直しが続く形に。

<7518> ネットワン 2642 +24
売り先行も下げ渋り。前日の米市場ではシスコシステムズが市場予想に反し弱い売上高見通しを示すなど、失望的な決算を発表し、13.7%安と急落。シスコ製品の取扱比率が約5割の同社株にとってもネガティブな材料とされ、一時大幅に下落。ただ、同社について、決算において好調な受注の積み上がりが確認され、各証券会社の見方も強気なものが多い。相場全体が上昇に転じていることもあり、同社株もその後切り返した。

<2329> 東北新社 641 +34
大幅反発で年初来高値を一気に更新。前日に22年3月期の業績修正を発表。営業利益は従来予想の30.5億円から41.4億円、前期比72.4%増に引き上げ。音響字幕制作における受注が堅調に推移したほか、デジタルプロダクション・テレビ配給・ライツの各部門も好調に推移したようだ。第3四半期決算時に続く上方修正となっている。なお、純利益も減損損失4.9億円の計上をカバーして上方修正となっている。

<7946> 光陽社 1788 +300
ストップ高。前日に22年3月期決算を発表。営業損益は0.57億円の赤字となり、従来計画線上での着地となった。一方、23年3月期は0.20億円の黒字に転じる見通しとしており、4期ぶりの黒字転換を好材料視する動きになっている。生産技術及び生産効率の向上によるコストダウンを更に推進し、構造的な収益性を高めていく方針としている。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー