fbpx

東エレク、ソフトバンクG◆今日のフィスコ注目銘柄◆

マネーボイス 必読の記事



東エレク<8035>

昨日は2%を超える下落で日経平均を50円弱下押す格好だった。要因としてはエヌビディアの時間外での急落だったが、エヌビディアについては26日の取引で朝安後に切り返しを見せており、5%を超える上昇だった。そのため修正リバウンドが意識されやすいほか、前日の調整で支持線として意識される25日、75日線水準まで下げていたこともあり、テクニカル的にもリバウンドを試すところ。


ソフトバンクG<9984>

煮詰まり感が台頭。5月12日につけた4491円をボトムに、決算通過をきっかけにリバウンドを見せてきた。ただし、足元では25日、75日線水準でのこう着感が強まっており、次第に煮詰まり感も意識されてきた。一目均衡表では雲の中での推移で強弱感は対立しやすいところであるが、雲下限での底堅さは見られているなか、雲上限を試す動きが期待されよう。信用倍率は4.18倍と取り組み妙味はないものの、3月の14倍台から改善傾向にある。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー