fbpx

LeTech—第三者割当による普通株式と種類株式を発行、調達資金は物件取得費用などに充当

マネーボイス 必読の記事



LeTech<3497>は28日、キーストーン・パートナースと資本業務提携契約を締結したことを発表した。

同社は、キーストーン・パートナースが管理・運営するファンドが匿名組合出資を行っているエメラルドの子会社であるエルティーに対し、第三者割当増資により総額約10億円の普通株式と、総額20億円のA種種類株式を発行する予定としている。新株式の発行株数は132万2,752株で、発行価額は1株につき756円。差引手取概算額は約29億円となっている。調達資金は既存の借入金の返済と物件の取得及び開発費用に充当し、好調な同社自社ブランド「LEGALAND」を中心とした不動産開発によって業績を回復していくという。

2022年7月25日開催予定の臨時株主総会で、本普通株式第三者割当増資の承認、A種種類株式第三者割当増資の承認とA種種類株式に関する規定の新設等に係る定款の一部変更を行う予定としている。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー