fbpx

英ポンド週間見通し:下げ渋りか、英金融政策の今後を見極める展開

マネーボイス 必読の記事



■軟調推移、リスク選好的なポンド買いは一段と縮小

今週のポンド・円は軟調推移。英中央銀行による追加利上げ観測は後退していないものの、金融引き締め推進による景気悪化の懸念は消えていないことから、リスク選好的なポンド買い・米ドルは一段と縮小。この局面で米ドル・円相場は円高方向に振れており、この影響でポンド・円は一時162円を下回った。取引レンジ:161円58銭-166円93銭。

■下げ渋りか、英金融政策の今後を見極める展開

来週のポンド・円は下げ渋りか。英中央銀行による追加利上げへの思惑から、全般的にポンドは売りづらい。ただ、直近発表の英国の経済指標は強弱まちまちのため積極的なポンド買いは抑制され、金融当局者発言で今後の政策方針を見極める展開になりやすい。一方、日本銀行は現行の緩和的な政策を堅持するスタンスで、ポンド買い・円売りの取引が一段と縮小する可能性は低いとみられる。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・特になし

予想レンジ:161円50銭-164円50銭


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー