fbpx

産東京販売ホールディングス—「電気自動車を活用した災害連携協定」品川区と締結

マネーボイス 必読の記事



日産東京販売ホールディングス<8291>は1日、グループ会社の日産東京販売が、品川区との電気自動車を活用した「災害連携協定」を、日産自動車<7201>とともに締結したと発表した。

同社グループと自治体との災害協定は、練馬区、羽村市、狛江市、世田谷区、荒川区、あきる野市に次いで、品川区が8件目。

同協定は、品川区で災害等による停電が発生した際、日産東京が貸与する電気自動車(EV)および可搬型給電器「パワー・ムーバー」を用いて、避難所等への電力供給の体制を構築するもの。日産自動車が推進する、ゼロ・エミッション社会の実現を目指すための取り組み「ブルー・スイッチ」活動の一環としている。
災害発生時だけでなく平時においても、電気自動車の環境性能面によるカーボンニュートラルへの寄与や「走る蓄電池」としての有用性を積極的にアピールし、地域の安全で安心な暮らしのため貢献していく方針。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー