fbpx

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い値動きか、米景気後退に警戒も雇用統計を見極め

マネーボイス 必読の記事



7日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い値動きを予想したい。米景気後退への懸念から、ドルは買いづらい地合いが続く見通し。ただ、明日発表の雇用統計を見極めようと、ドル売りは縮小。欧州通貨売りや日米金利差も相場を支えそうだ。

前日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨はインフレ高進の対応に積極的だが、ほぼ想定通りの内容となり米金利の上昇を手がかりにドル売りは縮小。欧州のエネルギー不安でユーロが約20年ぶりの安値圏に下落したことも、ドルを支える要因に。本日アジア市場で日経平均株価や米ダウ先物の堅調地合いを受けた円売りで、主要通貨は上昇基調に振れた。ドル・円は日米金利差に着目した取引で、下げづらい値動きとなった。

この後の海外市場は欧米の不透明感が警戒される。欧州のエネルギー供給問題が注視され、引き続きユーロは売られやすい。また、英国の政局流動化でポンドも軟調地合いが見込まれる。一方、今晩発表の米新規失業保険申請件数は前週より弱ければ、リセッション懸念のドル売りに振れやすいが、欧州通貨売りによるドル選好地合いが予想される。また、明日の雇用統計を控え極端なドル売りは想定しにくく、ドル・円は下値の堅さが意識される。

【今日の欧米市場の予定】
・20:30 欧州中央銀行(ECB)6月理事会議事要旨
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:23.0万件、前回:23.1万件)
・21:30 米・5月貿易収支(予想:-847億ドル、4月:-871億ドル)
・21:30 カナダ・5月貿易収支(予想:+25.0億加ドル、4月:+15.0億加ドル)
・02:00 ウォラー米FRB理事インタビュー(全米企業エコノミスト協会イベント)
・02:00 ブラード米セントルイス連銀総裁昼食会参加(米経済と金融政策討論)



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー