fbpx

日経平均は194円安、企業決算や米CPIなどに関心(訂正)

マネーボイス 必読の記事

下記のとおり修正します。
(誤)日経平均は。
(正)日経平均は小動きとなっている。

日経平均は194円安(14時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、アドバンテスト<6857などがマイナス寄与上位となっており、一方、ファナック<6954>、セコム<9735>、第一三共<4568>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、鉱業、電気機器、空運業、精密機器、サービス業が値下がり率上位、電気・ガス業、石油石炭製品、パルプ・紙、食料品、倉庫運輸関連が値上がり率上位となっている。

日経平均は小動きとなっている。市場では引き続き主要企業の4-6月期決算への関心が高い。今日はこの後、日揮HD<1963>、SMC<6273>、東芝<6502>、OKI<6703>、ホンダ<7267>、大日印<7912>、住友不<8830>、東急<9005>、T&DHD<8795>、サッポロHD<2501>、マクドナルド<2702>、資生堂<4911>、NXHD<9147>、DeNA<2432>、コスモエネHD<5021>などが決算発表を予定している。米国では7月の米消費者物価指数(CPI)、6月の米卸売在庫・売上高、7月の米財政収支が発表され、また、シカゴ連銀のエバンズ総裁が討議に参加する予定。企業決算ではウォルト・ディズニーが4-6月期決算を発表する。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー