fbpx

日経終値は1.97円高16646.66円/外国人3週ぶり買い越し、ドル一時110円台(5/19)

19日の東京マーケットは日経平均株価が小幅高、前日比1円高の1万6646円で取引終了です。業種別では、保険、精密、ゴム、銀行などが小高く、石油、鉄鋼、電力ガス、非鉄などが下げています。(『ハロー!株式』)

【関連】日経平均は二番底をつけたのか/麻生財務相よ、米国債を売れ=山崎和邦

日経平均株価は小幅高、前日比1円高の1万6646円

今日の相場

◎日経平均:16646.66(+1.97)+0.01%
◎TOPIX:1336.56(-1.82)-0.14%
◎売買高概算:20億1877万株
◎売買代金概算:1兆9227億円
◎時価総額:495兆9984億円
◎値上り銘柄数:1012 ◎(年初来)新高値:55
◎値下り銘柄数:809 ◎(年初来)新安値:27
◎変わらず:130
◎騰落レシオ(25日):110.58%(前日比3.49%低下)
◎サイコロ(日経平均):7勝5敗 ●●●○○○○●○○●○ 58.3%
◎カイリ率(日経平均):25日線比 -0.12% 75日線比 +0.27%

◎為替
対ドル:110.16(前日比0.74円安)
対ユーロ:123.63(前日比0.37円安)

◎出来高上位
1.みずほ<8411> 168.6円(±0円) 16920万株
2.神戸製鋼<5406> 101円(-2円) 8443万株
3.三菱UFJ<8306> 529.8円(+4.3円) 8210万株
4.新生銀<8303> 172円(+3円) 3733万株
5.ユニチカ<3103> 59円(±0円) 3605万株

◎売買代金上位

1.日経レバE<1570> 11190円(-10円) 1530億円
2.トヨタ自<7203> 5494円(-43円) 512億円
3.三菱UFJ<8306> 529.8円(+4.3円) 439億円
4.スズキ<7269> 2705.5円(+92.5円) 325億円
5.三井住友<8316> 3449円(+3円) 293億円

相場概況

外国証券の寄付前の注文状況……売890万株 買い1300万株

本日の東京マーケットは日経平均株価が小幅高、前日比1円高の1万6646円で取引終了です。

昨晩のNYダウは3ドルの小幅安でしたが、円相場が1ドル=110.20円前後の円安に進行。これを好感した買いが先行し、9:04には上げ幅が196円となる場面がありました。4月に開催されたFOMC議事録で経済指標が改善すれば6月にも利上げする可能性があると議論されており、これがドル高・円安の要因となっています。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

ただ、明日から開催される主要7ヶ国(G7)財務相会合を控えて買い一巡後は手控え気分が強まり、引けにかけては上げ幅を縮小しています。売買代金は概算1兆9227億円、上海総合指数は0.6ポイントの小幅安で2806です。

尚、東証が5月第2週(9〜13日)の投資家別株式売買動向を発表しています。外国人は3週ぶりに買い越して買越額は567億円。個人は3週ぶりに売り越しで売越額は137億円、年金基金の売買を反映する信託銀行は2週連続の買い越しで買越額は237億円となっています。

業種別では、保険、精密、ゴム、銀行などが小高く、石油、鉄鋼、電力ガス、非鉄などが下げています。

個別銘柄では、ノーリツ鋼機がストップ高で100円高の672円。17年3月期連結営業利益が前期比2.2倍の46億円に膨らむ見通しと発表。最終損益も黒字回復となり、また年間配当金も1株当たり10円と前期から2円増額する計画であり、業績向上を好感した買いが集まっています。医療やシニア軸に事業再構築を進めています。

ノーリツ鋼機<7744> 日足(SBI証券提供)

ノーリツ鋼機<7744> 日足(SBI証券提供)

オープンドアが370円高の5380円と大幅高。国内の民泊予約サイトを運営する「とまれる株式会社」と提携に合意と発表。民泊関連として将来の収益拡大を期待した買いが膨らんでいます。6月末に1株→2株への株式分割を実施します。

オープンドア<3926> 日足(SBI証券提供)

オープンドア<3926> 日足(SBI証券提供)

人材派遣のテンプHDが61円高の1637円と値を上げています。18日に政府は「骨太の方針」の素案と人口1億人を維持するための「ニッポン一億総活躍プラン」をまとめています。改革を通じて就業人口を増やす方針であり、派遣サービス事業が拡大するとの思惑から物色の矛先が向かっています。

産業ロボット用精密減速機で世界シェア6割、自動ドア世界大手のナブテスコが31円高の2670円と値を上げて年初来高値を更新。政府は名目GDP600兆円に向けた成長戦略(次期「日本再興戦略案」)をまとめています。ロボットの積極活用を掲げており、関連銘柄として物色の矛先が向かっています。

その他、渋谷再開発関連で東急建設が34円高の936円、中部地盤で私鉄大手の名鉄が14円高の551円、日本M&Aが200円高の6720円、兵庫・大阪地盤の中堅スーパーの関西スーパーが138円高の1014円と値を飛ばしています。

本日の新高値銘柄は、松井建、五洋建、レンゴー、日産化、住友ベーク、ナブテスコ、東光高岳、パラマウントベッド、日本写真印刷……等々です。

Next: 本日の指標等の結果:機械受注/対内証券売買契約等/投資部門別売買状況

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい