fbpx

国内外の注目経済指標:米FOMC会合で0.5ポイントの追加利上げ決定へ

マネーボイス 必読の記事



12月12日−16日週に発表される主要経済指標の見通しについては、以下の通り。

■14日(水)午前8時50分発表予定
○(日) 日銀短観10-12月期調査-大企業製造業DIの予想は+7
参考となる7-9月期の実績は+8。4-6月期との比較で1ポイント悪化した。非鉄金属、石油・石炭の業種における悪化が目立った。10-12月期については物価高など影響で前回調査における先行き予想が悪化すると回答した企業が多いことから、DIの変化幅はマイナスとなる見込み。

■14日(水)日本時間15日午前4時結果判明
○(米)連邦公開市場委員会(FOMC)会合-予想は0.50ポイントの利上げ
米連邦準備制度理事会(FRB)パウエル議長は11月30日に行った講演で「政策金利引き上げのペースを落とす時期は、早ければ12月の会合になる可能性がある」と述べており、今回のFOMC会合で0.50ポイントの追加利上げが決まる見込み。ただし、パウエル議長は過度な利上げによって景気を大幅に悪化させるリスクに配慮するとみられる。

■15日(木)午前11時発表予定
○(中)11月小売売上高-予想は前年比-4.0%
参考となる10月実績は-0.5%。新型コロナウイルスの感染抑制のために厳しい移動制限措置が導入されており、経済活動を圧迫している。11月についてはこの影響が強まることから、大幅な減少となる見込み。

■15日(木)午後10時15分結果発表予定
○(欧)欧州中央銀行(ECB)理事会-予想は0.50ポイントの利上げ
欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁ははインフレ率を2%程度まで引き下げることにECBはコミットしているとの立場を明らかにしており、ユーロ圏の経済活動の大幅な減速が予想されているものの、今回を含めて2023年も利上げを継続するとみられる。

○その他の主な経済指標の発表予定
・12日(月):(英)10月鉱工業生産
・13日(火):(米)11月消費者物価コア指数
・14日(水):(欧)10月ユーロ圏鉱工業生産
・15日(木):(中)11月鉱工業生産
・16日(金):(欧)12月S&Pグローバルユーロ圏製造業PMI、(米)12月S&Pグローバルサービス業PMI


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー