fbpx

東京為替:ドル・円は132円台前半で上げ渋る状態が続く

マネーボイス 必読の記事



6日午前の東京市場でドル・円は132円05銭近辺で推移。日本銀行による大規模金融緩和策の継続を見込んだドル買い・円売りは一巡しつつあり、ドル・円は132円48銭まで買われた後、131円52銭まで下落。その後、132円38銭まで戻したが、132円40銭近辺で利益確定を狙ったドル売り興味が残されており、ドルは132円台前半で上げ渋っている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は131円52銭から132円48銭。ユーロ・ドルは1.0782ドルから1.0798ドル、ユーロ・円は141円99銭から142円86銭。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー