fbpx

エージェント・インシュアランス・グループ Research Memo(6):事業成長のための投資を優先

マネーボイス 必読の記事



■株主還元策

エージェント・インシュアランス・グループ<5836>は株主に対する利益還元策を重要な経営課題の1つであると認識しており、企業体質の強化と将来の事業展開のために内部留保を確保しつつ、配当を実施していくことを基本方針としている。しかしながら、当面は内部留保の充実を優先し、財務体質の強化と事業拡大のための投資等を実施し一層の事業拡大を目指す。事業拡大のための投資が株主の将来の利益につながるとの判断から、2023年12月期は前期同様に無配の予想としている。内部留保資金については、今後の事業拡大や事業効率化のための投資、優秀な人財の確保や育成投資等の中長期的投資に充当し、企業価値の増大に努める方針だ。

※本レポートは、株式会社エージェント・インシュアランス・グループへの取材等を通して執筆されたものであり、記述内容について同社が記載内容を保証するものではございません。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 永岡宏樹)
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー