fbpx

日米同盟は永遠なのか?アメリカが再び日本の敵に回る日=北野幸伯

アメリカは「裏切り」を許さない

日本がアメリカの同盟国になったのは戦後。しかし、その前にも、両国関係が「事実上の同盟」と呼ばれたことがありました。1905年頃のことです。

日本は、日露戦争に勝利した。もちろん、日本の努力が最大の勝因です。しかし、当時の同盟国イギリス、そしてアメリカのサポートもありました。1905年、ロシアを共通の敵とみていた日本、イギリス、アメリカは、日本の勝利を心から喜んだのです。

同年、日本とアメリカは「桂・タフト協定」を交わします。内容は、「日本はアメリカのフィリピン支配を認め、アメリカは日本の韓半島支配を認める」というもの。そして、そこには、「極東の平和は、日米英の、『事実上の同盟関係』によって守られるべきである」とあった。つまり、1905年当時、日米関係は「事実上の同盟関係」と呼ばれるほど良好だった。

ところが、両国関係はその後暗転します。アメリカの鐡道王ハリマンは、日本がロシアから譲渡された「南満州鉄道」の「共同経営」を提案。日本がこれを拒否すると、「日本は、満州の利権を独占するつもりではないか?」と疑念を強めた(確かに、日本は満州利権を独占するつもりだった)。そして、アメリカは一転「反日」に転じたのです。

ここから重要なのですが、「親日」から「反日」に転じたアメリカは、「黙っていなかった」ということです。アメリカは「日英同盟」を破壊すべく、熱心に働きかけていきます。そうこうしているうちに第1次大戦が起こった。この戦争で、アメリカは、全力をあげてイギリスを助けました(アメリカは、イギリスの同盟国ではなかった)。

一方、日英同盟の「同盟国」である日本は、イギリスの再三の「陸軍派兵要求」を無視(海軍は出したが)。イギリスは、「なんのための同盟か!」と失望し、日英同盟破棄に向かいます(1923年失効)。以後、アメリカとイギリスは、一体化して「日本封じ込め」に動いていきます。

この歴史の教訓はなんでしょうか?アメリカを怒らせると、黙って見ているだけでは済まないということです。アメリカは、かつてソ連と組みました。今度は、「中国と組んで日本を潰そう!」とならないでしょうか?

Next: 日本が核を持てば、世界を敵に回すことになる

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー